イベント

[京都市学校歴史博物館]

企画展「近代日本の道徳教育」
近代日本の道徳教育1MB

 今から約150年前、明治時代になると、しだいに全国各地に小学校が設置されていきます。この、江戸時代にはなかった近代の産物である小学校の特徴は、国で統一されたカリキュラムによって、様々な教科を、一斉授業で教えることを目指したところにありました。当時はまだ「道徳」という科目はありませんでしたが、修身科が設置され、この修身科を中心にして道徳教育が行われました。
 本展では、明治初期から第二次世界大戦期までの小学校における道徳教育のあゆみを、様々な史料を通して振り返ります。

<会期>2017年12月16日(土)~2018年4月15日(火)
<入館料>大人200円・子ども100円

会 場
京都市学校歴史博物館
期間
2017年12月16日(土)〜 2018年4月15日(日)
休館日
水曜日(祝日の場合は翌平日)及び12/28 ‐ 1/4
参加費 / 入場料
大人200円・子ども(小中高)100円
20名以上の団体は大人160円・子ども80円
※京都市内の小・中学生は土日無料
開館時間 / 閉館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで) 午前9時 ‐ 午後5時 (入館は4時30分まで)
スケジュール
住 所
〒600-8044   京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町437
電話番号
075-344-1305
ウェブサイト
主催、共催等
お問い合わせ先
アクセス
・阪急「河原町」駅 徒歩約10分 10番出口「藤井大丸口」から南西へ<br />

・京阪「祗園四条」駅 徒歩約15分 3番出口から南西へ<br />

・地下鉄烏丸線「四条」駅 徒歩約12分 5番出口から東へ<br />

・市バス「四条河原町」 徒歩約10分 南西へ<br />

・市バス「河原町松原」 徒歩約5分 北西へ<br />
ユニバーサル設備
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る