イベント

[奈良市史料保存館]

史料保存館企画展示 奈良町の芝居小屋-尾花座-
こけら落とし奉献額

市川斎入他、歌舞伎尾花座公演奉献額   (こけら落とし公演)明治42年(1909)              ※全期間展示

 近世以来、都市の人口増加が進み、多くの人が町で暮らすようになるなかで、人びとの娯楽の場として各地に芝居小屋ができました。奈良町にも近世から近代にかけていくつか芝居小屋がつくられて、歌舞伎をはじめ、さまざまな興行が行われました。
 
 尾花座は、奈良町にあった芝居小屋のひとつで、明治・大正と歌舞伎・浄瑠璃・浪曲・落語などの諸芸能を上演し、大正・昭和には映画館として奈良の人びとに愛されました。
 尾花座には、明治42年(1909)から大正10年(1921)にかけて、興行の成功を祈って劇場に掲げられていた「奉献額」が21枚残っています。そこには、演目や出演者の名前が大書され、さらに鳴り物や衣装、興行主や裏方までその興行にかかわった人の名前が書きこまれ、当時の興行の記録として貴重なものです。
 今回の展示では、奉献額と、興行のポスターや大正・昭和の写真などから、近代奈良町の大衆文化の一端を知っていただきたいと思います。

会 場
奈良市史料保存館
期間
2017年8月8日(火)〜 2017年11月12日(日)
休館日
月曜日(その日が休日のときは開館、その後最初の平日に休館)
休日の翌日(その日が土曜日・日曜日・休日のときは開館)
年末年始(12月29日から1月3日)
その他、臨時に休館する場合があります。
参加費 / 入場料
無料
開館時間 / 閉館時間
9:30〜17:00(入館は16:30まで)                      8月11日(金)~13日(日)は21:00まで開館(入館は20:30まで)
スケジュール
【前期】8月8日(火)~9月24日(日)
【後期】9月26日(火)~11月12日(日)
住 所
〒630-8337   奈良県奈良市脇戸町1−1
電話番号
0742-27-0169
ウェブサイト
主催、共催等
お問い合わせ先
0742-27-0169
アクセス
・近鉄奈良駅から南へ徒歩15分。またはJR奈良駅から南東へ徒歩約20分。
・上記各駅から、市内循環バス「北京終町(きたきょうばて)」下車、北へ徒歩約8分。「天理駅」「下山」行きバスで「福智院町」下車、西へ徒歩約10分。
・土・日・祝日運行ぐるっとバスB10「ならまち・なら工芸館」またはR11「ならまち」下車、徒歩5分。
※駐車場はありません。
ユニバーサル設備
視聴覚障害者誘導ブロック、車いす利用者対応トイレ
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る