イベント

[徳島県立阿波十郎兵衛屋敷]

徳島じょうるりクルーズ
2069_001

今年も吉野川~阿波人形浄瑠璃~藍染め体験がセットになった期間限定の「徳島じょうるりクルーズ」が就航します。

 吉野川が毎年運んでくる肥沃な土で育てた阿波藍は、徳島に大きな富をもたらし、その経済力や全国各地との交流を背景に、徳島では人形浄瑠璃が発展し、今日まで受け継がれています。

両国橋から阿波十郎兵衛屋敷までの遊覧船にのって、一面に広がる青い空と、きらめく吉野川の川面を間近に感じることができ、いつもとは違う視線で徳島の街をご覧いただけます。  

そして、十郎兵衛屋敷到着後には、展示室や映像をご覧いただくとともに、公演は灰汁発酵建てで染めた深く鮮やかな藍染めの着物を着た人形が登場します。

藍染め体験は、藍染工房ルアフへ移動し、林弘さんの指導のもと、絞り・板染め・むらくも・グラデーションといったみなさんの好きな柄と色合いに染めていただくことができます。

 また、昼食には徳島の特産をふんだんに使ったお弁当をご用意しております。

「じょうるり」とは、美しい宝石を意味する言葉。吉野川~阿波藍~阿波人形浄瑠璃とつながる徳島の時代背景を感じるとともに、景色、自然、文化、食べ物といった徳島の美しい宝石「じょうるり」をお楽しみください。

「徳島じょうるりクルーズ」
■期  間  平成29年4月~10月の毎週日曜日

      ※7月30日、8月14日は除く。
       その他、潮の干潮の状況によって運航できない場合が
       ありますので、お問い合わせください。

■お申込み  実施日の4日前までにご予約ください。

■集合場所  徳島市新町川水際公園・周遊船乗り場(徳島市南内町・両国橋北詰)

■解散場所  藍染工房ルアフ(藍染体験会場)・徳島市吉野本町6丁目

       ※解散後は路線バスで徳島駅へ
       ※藍染工房ルアフから徳島駅まで約2kmの距離です。

■食事条件  昼食1回。
       阿波十郎兵衛屋敷の座敷で「鶴亀の庭」を眺めながらめながら、
       徳島の食材をふんだんに使ったお弁当をお楽しみいただけます。

  

■お支払い方法 旅行代金は当日係員にお支払いください。

■定  員   一艘13名

■最少催行人数 1名

■添乗員    同行しません。(スタッフがお世話します)

※雨天、荒天時の中止※(必ずお読みください)
・天候等により舟が中止になる場合は、当日9時までに代表者に連絡いたします。
 徳島駅の徳島市営バス7番のりば10:10発の川内循環バスで、阿波十郎兵衛屋敷へお越しください。この場合参加費を500円(こども300円)を減額します。路線バス運賃はご負担ください。
・阿波十郎兵衛屋敷見学+昼食+藍染体験へのご案内となります。

会 場
徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
期間
2017年4月2日(日)〜 2017年10月29日(日)
休館日
12月31日~1月3日
参加費 / 入場料
入場料
一般3,000円
小学生以下2,700円
開館時間 / 閉館時間
9:30〜17:00 (ただし、7月1日~8月31日は18:00まで)
定期上演 ・平日 / 11:00 、14:00
・土・日・祝 / 11:00、14:00
・8月11日~16日 / 10:00、11:30、13:30、15:00
(※8/11~8/16のお盆期間中は11:00、14:00はございません。)  
特別上演(要予約)については、事前にお問い合わせください。
スケジュール
■スケジュール
 ① 9:50 新町川水際公園・周遊船乗り場集合

 ②10:00 クルーズ出航、吉野川を渡って阿波十郎兵衛屋敷へ。

 ③10:25 阿波十郎兵衛屋敷に到着
        館内見学+11:00からの阿波人形浄瑠璃を鑑賞。
        ★鑑賞後に、昼食

 ④12:24 路線バスで藍染体験会場へ移動(路線バス運賃はご負担ください)
 
 ⑤13:00 藍染工房ルアフでハンカチ等の藍染め体験

 ⑥14:00 解散
        ※路線バスで徳島駅へ。(路線バス運賃はご負担ください)

        ※藍染工房ルアフから徳島駅まで約2kmの距離です。

住 所
〒771-0114   徳島県徳島市川内町宮島本浦184
電話番号
088-665-2202
ウェブサイト
主催、共催等
徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
お問い合わせ先
088-665-2202
アクセス
JR徳島駅から
車で15分/川内循環バス(徳島市営バスターミナル7番のりば)で約30分 「十郎兵衛屋敷」下車すぐ<br/>
徳島自動車道
徳島インターより5分
<br/>
神戸淡路鳴門自動車道
鳴門インターから20分
ユニバーサル設備
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る