イベント

[徳島県立近代美術館]

所蔵作品展「徳島のコレクション 2017年度第3期」

 今期の特集では、兄妹で画家だった石丸一(1890-1990年)と島あふひ(1896-1988年)の仕事を紹介します。
■ 特集 石丸一・島あふひ兄妹
■ 20世紀の人間像
■ 現代版画
  あやしい関係1(12月2日[土]-1月8日[月・祝])
  あやしい関係2(1月10日[水]-2月12日[月・振休])
  あやしい関係3(2月14日[水]-3月18日[日])
  あやしい関係4(3月20日[火]-4月15日[日])
■ 徳島ゆかりの美術

【特集 石丸一・島あふひ兄妹】
 現在の小松島市立江町に生まれた兄妹で画家だった石丸一(1890-1990年)と島あふひ(1896-1988年)の仕事を紹介します。兄は関西の前衛美術を牽引するトップランナー、妹はキリスト教への深い信仰を込めた作品を発表しました。お互いの存在を気にかけ、画家として尊敬し合う兄妹でした。
【20世紀の人間像】
 今年亡くなったマグダレーナ・アバカノヴィッチを追悼して<12体の立像(群衆シリーズ)>を展覧します。作品の前で、社会と芸術について考えていただけると幸いです。他にはパブロ・ピカソ<ドラ・マールの肖像>なども出品します。
【現代版画】
「あやしい関係1」 会期:2017年12月2日(土)~2018年1月8日(月・祝)
「あやしい関係2」 会期:2018年1月10日(水)~2月12日(月・振休)
「あやしい関係3」 会期:2018年2月14日(水)~3月18日(日)
「あやしい関係4」 会期:2018年3月20日(火)~4月15日(日)
 版画は「版」を使って「イメージ」を表すが、同じ版だけど色が違う、版のステート(段階)で変化するイメージなど、“同じ”で“違う”版とイメージのあやしい関係を展覧。
【徳島ゆかりの美術】
 徳島出身の三宅克己(1874-1954徳島市生まれ)、伊原宇三郎(1894-1976徳島市生まれ)、山下菊二(1919-1986年三好郡生まれ)などの作品をご紹介します。

このほかに、美術館ロビー、屋外展示場、彫刻の小径に展示します。
・都合により内容が変更になる場合もあります。

会 場
徳島県立近代美術館 展示室1・2他
期間
2017年12月2日(土)〜 2018年4月15日(日)
休館日
毎週月曜日。ただし月曜日が祝日または振替休日にあたるときは,その翌日。
年末年始(12月29日−1月4日)。
参加費 / 入場料
一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円
特別展や割引料金についてはお問い合わせください。
開館時間 / 閉館時間
9:30〜17:00
スケジュール
住 所
〒770-8070   徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内
電話番号
088-668-1088
ウェブサイト
主催、共催等
お問い合わせ先
アクセス
■JR徳島駅からバスをご利用ください。
①徳島市営バス3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し18分、終点「文化の森」で下車。
②徳島市営バス3番のりば「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し25分、「文化の森」で下車。
③徳島市営バス3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原西(入田)」行きに乗車し16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
④徳島バス4番のりば「仁井田西」行き、または「佐那河内線神山高校前」行きに乗車し16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
■JR文化の森駅からバスをご利用ください。
○バス停「文化の森駅東」から「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し7分、「文化の森」で下車。
※市原線は平成28年4月1日から一部の便が国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由に変更され、「文化の森駅東」(新設)及び「文化の森」に停車します。
ユニバーサル設備
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る