イベント

[福井県立若狭歴史博物館]

現代若狭の仏師・村岡如伸氏制作の十一面観音立像を期間限定で公開します!
十一面観音立像(村岡如伸氏制作・小浜市所蔵)

展示作品 木造 十一面観音立像  1躯

展示場所 若狭歴史博物館 常設展示室1「若狭のみほとけ」内

公開期間 平成29年8月5日(土)~11月5日(日)
※会期中休館日:9月11日(月)、9月25日(月)
        9月29日(金)、10月30日(月)  

開館時間 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料  一般・大学生 300円(20名以上の団体 240円)
     高校生以下・満70歳以上・障害者手帳等をお持ちの方 無料
     家庭の日(第3日曜日) 無料
       
展示作品の特色
 京都の仏所で仏像彫刻を修業した小浜市在住の仏師・村岡如伸氏が平成九年に制作した二尺半(77cm)の十一面観音菩薩立像です。本像は、滋賀県長浜市の渡岸寺の国宝・十一面観音立像(9世紀)の小型の写しで、平安時代初期の仏像の特色を学んだ現代の作品です。大きめの十一面(うち二面は脇面。頂上仏は菩薩面)も丁寧に彫り出され、像の存在感を際立たせています。膝から下にかけての衣は平安時代初期にみられる翻波文、両腕から足元にかかる天衣の裾にはハート形の古様の文様、肩から腹にかかる条帛は薄い平安時代初期風で、肩を引き気味に腹を出し、腰を反らせる姿が美しい像です。若狭には平安時代の仏像が多く伝来していますが、現代の像と比較することで、新たな仏像の解釈ができるのではないでしょうか。

会 場
福井県立若狭歴史博物館
期間
2017年8月5日(土)〜 2017年11月5日(日)
休館日
2017/9/11,9/25,9/29,10/30
参加費 / 入場料
一般300円、高校生以下・満70歳以上無料
*有料者20名以上の団体は2割引
開館時間 / 閉館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
スケジュール
住 所
〒917-0241   福井県小浜市遠敷2丁目104番地
電話番号
0770-56-0525
ウェブサイト
主催、共催等
福井県立若狭歴史博物館
お問い合わせ先
アクセス
■JR小浜線東小浜駅から徒歩7分
■JRバス若江線(江今津駅〜小浜駅)遠敷バス停留所から徒歩約15分
■舞鶴若狭自動車道小浜インターチェンジから約5分 
ユニバーサル設備
ベビーカー貸し出し、車いす貸し出し、車いす利用者対応トイレ、車いす利用者対応エレベーター
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る