イベント

[天理大学附属天理参考館]

第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」
玉覆面(ぎょくふくめん) 西周(せいしゅう)時代

玉覆面 西周時代

古代中国で死者を邪悪な存在から護るために墳墓に納められた品々を展示します。
古代中国の人々は、死後の世界とそこでの生活を想定し、生前世界とは異なった危険が存在すると考えていました。死後に魂や肉体を苦しめる邪鬼の類は大きな恐れの対象であったのです。
展示品を通して古代の人々の死後に対する「恐れ」と「備え」を知っていただきたいと思います。

会 場
天理大学附属天理参考館
期間
2017年4月12日(水)〜 2017年6月5日(月)
休館日
毎週火曜(祝日の場合は翌平日)、創立記念日(4月28日)、夏期休館(8月13日〜17日)、
年末年始(12月27日〜1月4日)
参加費 / 入場料
入館料:大人400円、団体(20名以上)300円、小・中学生200円(学校教育での団体入館は無料・要事前申込)
開館時間 / 閉館時間
開館9:30~16:30(入館は16:00まで)
スケジュール
【関連イベント】
◆記念講演会
『文化的視点から考える死生観における「障り」と「癒やし」』
講師:頓宮 勝氏(奈良教育大学・特任教授)
日時:5月20日(土) 午後1時30分から午後3時
場所:当館研修室
受講料:入館料のみで受講できます
定員:100名(当日先着順)

◆トーク・サンコーカン(公開講演会)
第252回「墳墓の中の不思議な世界―墓を護る奇妙なモノたち―」
講師:青木 智史(当館学芸員)
日時:4月22日(土) 午後1時30分から午後3時
場所:当館研修室
受講料:入館料のみで受講できます
定員:100名(当日先着順)
※引き続き、企画展示室にて展示解説を実施します。

◆関連講演会
「古代中国の冥界観と神仙世界を探る」
講師:青木 智史(当館学芸員)
日時:5月12日(金) 午後1時30分から午後3時
場所:当館研修室
受講料:入館料のみで受講できます
定員:100名(当日先着順)
※引き続き、企画展示室にて展示解説を実施します。

◆ワークショップ
「紙粘土で霊獣を作って色を塗ろう!」
講師:青木 智史(当館学芸員)
日時:5月27日(土) 午後1時30分から3時30分
場所:当館研修室
参加料:500円
定員:20名(要事前申込み・小学校低学年以下は保護者同伴)

◆ギャラリートーク(展示解説)
日時:4月26日(水)、5月26日(金)いずれも午後1時30分から
場所:当館3階企画展示室
住 所
〒632-8540   奈良県天理市守目堂町250
電話番号
0743-63-8414
ウェブサイト
主催、共催等
主催:天理大学附属天理参考館
後援:奈良県天理市、奈良県教育委員会、天理市教育委員会、毎日新聞奈良支局、NHK奈良放送局
お問い合わせ先
0743-63-8414
アクセス
■(電車)JR桜井線・近鉄天理線天理駅下車 南東へ徒歩約20分   
■(車)西名阪自動車道 天理インターより南へ約3km、駐車場無料   
※期間により駐車場への入場・駐車が規制される場合があります。
ユニバーサル設備
その他
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
全館(1~3階)バリアフリーにてご見学いただけます。
このページのトップに戻る