イベント

[笹倉鉄平ちいさな絵画館]

笹倉鉄平「絵画とイラストって、どう違うのだろう」展
笹倉鉄平 「こもれび(大切な景色は消えない)」

「こもれび(大切な景色は消えない)」 (C)TEPPEI SASAKURA / ART TERRACE

閑静な住宅街にある個人美術館で、兵庫県出身の画家・笹倉鉄平(1954~)の企画展を開催いたします。
笹倉鉄平は“光の情景画家”と称され、その多彩な光の表現は、観る人の心に“希望の明かり”をともすと言われています。
今企画展では、画家・笹倉鉄平がイラストレーター時代(1977~1989年)に企業の依頼で制作したイラスト原画と、画家になってから描いた油彩・アクリル淡彩・デッサンなどの2部構成にて展示いたします。
イラストレーター時代の作品と画家として描いた作品、原画でそれぞれの違いをお楽しみ頂けましたら幸いです。
イラストレーター時代の作品9点の中には初展示のものも多く、広告制作会社勤務の25歳の時に「POPEYE」という青年雑誌向けにスバルから依頼され制作した『サーフィン』や、森永製菓のクッキーの缶容器向けに制作した街並みのイラスト、毎日新聞に連載され好評を博したドイツ・フランスのイラストなど、どの作品からも1970~80年代の時代の雰囲気が伝わってきます。
笹倉鉄平の若き日の作品を、アートを志す若い人達に、夏休みを利用してぜひご覧頂きたいと思います。

会 場
笹倉鉄平ちいさな絵画館
期間
2018年7月12日(木)〜 2018年9月24日(月)
休館日
火・水曜、及び展示替期間、※7/20(金)は臨時休館※
参加費 / 入場料
大人 300円、大学生 200円(要学生証提示)、小・中・高校生 100円、障害者(要手帳提示)200円
開館時間 / 閉館時間
10:00〜18:00(入館は17:30まで)
スケジュール
住 所
〒662-0838   兵庫県西宮市能登町11-17
電話番号
0798-75-2401
ウェブサイト
主催、共催等
笹倉鉄平ちいさな絵画館(笹倉鉄平個人美術館)
お問い合わせ先
0798-75-2401
アクセス
電車:阪急神戸線「西宮北口駅」下車、北改札口を出て北西出口より西北へ徒歩15分
自動車:名神高速・西宮ICより約3km・阪神高速神戸線「西宮」ランプより約3km
駐車場 あり(無料)収容台数:普通車5台(マイクロバス駐車可・要相談)
ユニバーサル設備
その他
車いす利用者のための
アクセス経路
入館時に一部段差があり、補助がいります。
事前に0798-75-2401までご連絡ください。
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る