イベント

[京都国立博物館]

開館120周年記念 特別展覧会 国宝
20170611keihaku_kokuhou_sakura

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 京都・智積院 <展示期間:10月24日~11月12日>

祝・京博120歳

2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。当館開館と軌を一にするこの節目の年に、昭和51年(1976)に「日本国宝展」を開催して以来、実に41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史や文化を物語る、類い希なる国の宝といえましょう。本展覧会では、絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を顕彰いたします。

会 場
京都国立博物館
期間
2017年10月3日(火)〜 2017年11月26日(日)
休館日
月曜日
※ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館
参加費 / 入場料
一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 900円(700円)

*( )内は団体20名以上。
※中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料となります(要証明)。
※キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと団体料金になります。
開館時間 / 閉館時間
午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで) ※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
スケジュール
会期
2017(平成29)年10月3日(火)~ 11月26日(日)
 4期に分けて一挙公開!
 Ⅰ期 10月3日(火)~10月15日(日)
 Ⅱ期 10月17日(火)~10月29日(日)
 Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
 Ⅳ期 11月14日(火)~11月26日(日)
※会期中、展示替を行います。
住 所
〒605-0931   京都市東山区茶屋町527
電話番号
075-525-2473(テレホンサービス)
ウェブサイト
主催、共催等
主催 京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
後援 文化庁、京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会
特別協賛 島津製作所
協賛 京都美術工芸大学、GSユアサ、小学館、大和ハウス工業、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、日本新薬、日本写真印刷
技術協力 キテラス、シーシーエス
協力 日本香堂
お問い合わせ先
075-525-2473(テレホンサービス)
アクセス
JRをご利用の場合
JR京都駅下車、市バス京都駅前D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ
JR京都駅下車、JR奈良線にて東福寺駅下車、京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

近鉄をご利用の場合
丹波橋駅下車、京阪電車丹波橋駅から七条駅下車、徒歩7分

京阪電車をご利用の場合
七条駅下車、東へ徒歩7分

阪急電車をご利用の場合
河原町駅下車、京阪電車祇園四条駅から大阪方面行きにて七条駅下車、東へ徒歩7分
又は、河原町駅下車、四条河原町から市バス207号系統にて東山七条下車、徒歩3分

市バスをご利用の場合
京都駅前市バスD1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて
博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ

プリンセスラインバスをご利用の場合
京都駅八条口のりばから11・12号系統にて東山七条下車、徒歩1分
四条河原町から16・18号系統にて国立博物館前下車、徒歩1分
ユニバーサル設備
車いす利用者対応トイレ、申し出による授乳室、車いす貸し出し、車いす利用者用駐車場、ベビーシート
車いす利用者のための
アクセス経路
施設からのバリアフリーについてのコメント
車イスをご利用の皆様へ
車イスの無料貸し出しを行っています。
当館では、座面高可変型2台、自走式、介助式を含め15台の車椅子をご用意しておりますので、お気軽に係員にお声をおかけください。
多目的トイレが南門券売施設内、庭園内、特別展示館内にございます。

小さいお子様をご同伴の皆様へ
おむつ交換ができるベビーシートを南門券売施設内、庭園内、特別展示館内のトイレに設置しています。
ベビーチェアを庭園内のトイレ内に設置しています。
ベビーカーの無料貸し出しも行っています。
授乳の際は、救護室をお使いいただけます。
特別展会場など混雑の場合、ベビーカーのご使用をご遠慮いただくことがあります。
(観覧中はベビーカーをお預かりいたします)あしからずご了承ください。

補助犬の入館について
盲導犬、介助犬、聴導犬を伴ってご入場いただけます。

救護室
具合が悪くなったら係員にお声をおかけください。救護室をお使いいただけます。

AED(自動体外式除細動機)
心停止状態に陥った時、心臓に電気ショックを与えて心臓の動きを戻すことを試みる医療機器です。
南門エントランス・特別展示館エントランスに設置しています。

ロッカー
当館では観覧中の利用者の方のお荷物を一時お預かりする為のコインロッカーを設けております。 常時設置しておりますのは、南門入り口で、当館を観覧される方でしたら、どなたでもご利用いただけます。 また、特別展覧会中には必要に応じまして特設ロッカーを設置いたします。 利用する際には「100円硬貨」が必要になりますが、ご利用が終わられた際には返却いたします。
このページのトップに戻る