イベント

[京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1]

黒沢美香『ジャズズ・ダンス』公開ミーティング第1回」
ジャズズ・ダンス

黒沢美香&神戸ダンサーズ「jazzzzzzzzzzzz-dance」(2015年ArtTheatre dB 神戸) 撮影:岩本順平

日本のコンテンポラリーダンス界のゴッドマザーとも称されるダンサー・振付家の黒沢美香。今回は、代表作の一つ「ジャズズ・ダンス」を取り上げ、作品構造/構成、ジャズ音楽の形式要素との関係性を探りながら、黒沢美香の振付美学に迫ります。

 
 
『ジャズズ・ダンス』

このタイトルはジャズダンスのjazzではない。

jazz音楽の仕組みを尊敬してのタイトルである。

ダンスでjazzを泳ぐ。

zの数は上演の度に増えていく。

(1992年初演) 構成・演出・振付:黒沢美香

 
 
 
 
アーカイブ・プロジェクトとは、関西のコンテンポラリーダンスシーンを牽引してきたNPO法人ダンスボックスが、発足から現在まで20年間のアーカイブを活用・公開するプロジェクトです。vol.2となる2018年度は、日本のコンテンポラリーダンス界のゴッドマザーとも称される黒沢美香の代表作の一つ「ジャズズ・ダンス」を取り上げ、大阪・神戸で上演したダンサーズと共に黒沢美香の振付美学に迫ります。3回の公開ミーティングを経て、2月にはアートエリアB1での展示予定。第1回目は、「ジャズズ・ダンス」における作品構造/構成、ジャズ音楽の形式要素との関係性を探ります。※黒沢美香&大阪ダンサーズ「jazzzzzzz-dance」(2007年・Art Theatre dB)の上演あり
 

 おどることばcafe|dBアーカイブ・プロジェクトvol.2
 「黒沢美香『ジャズズ・ダンス』公開ミーティング第1回」
 日時:6月23日[土]14:00-17:30
 定員:30名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)
 会場:京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」
 ゲスト:太田恵資(バイオリニスト、作編曲家)
 ゲスト/企画運営:きたまり(ダンサー)、北村成美(ダンサー)、
 平岡久美(黒沢美香アーカイブズ)、福岡まな実(ダンサー)、
 中間アヤカ(ダンサー)、横堀ふみ(NPO DANCE BOX)、他
 カフェマスター:文(NPO DANCE BOX、アートエリアB1運営委員)

 
 
■黒沢美香 Mika Kurosawa■
1957年横浜生まれ。5歳から舞踊家の両親(黒沢輝夫、下田栄子)のもとでモダンダンスを習う。82〜85年NYに滞在。当時のNYダウンタウン・ダンスシーンをリードする振付家の作品を踊り、国内外の公演に参加する一方、ジャドソン・グループの出来事に出会い、その痕跡を追いかける。帰国後は、黒沢美香&ダンサーズと名乗り、異なるジャンルのアーティスト等と共同作業を行い、ダンスを捉え直す試みの作品創作・上演を継続。(87〜94年「船を眺める・・・」47回、90〜02年「偶然の果実」44回など)。ソロダンス「薔薇の人」シリーズ(99〜15年)、黒沢美香&ダンサーズ、踊る大学教授陣ユニット:ミカヅキ会議を柱に活動する傍ら、社会・地域連携プログラムに参加、風間るり子、小石川道子の別名でも踊る。舞踊コンクールで1位を5度受賞の他、新人賞、優秀賞、舞踊批評家協会賞、日本ダンスフォーラム賞、ニムラ舞踊賞などを受賞。日本のコンテンポラリー界のゴッドマザーとも称される。2016年12月1日没(享年59歳)。http://mikakurosawa.offical.jp
 
 
【内容に関するお問合せ:NPO法人DANCE BOX】
Tel:078-646-7044
Mail:info[at]db-dancebox.org ※[at]を@に変更しお送り下さい。
Web:http://db-dancebox.org/
 
主催:NPO法人DANCE BOX 共催:アートエリアB1

会 場
京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1
期間
2018年6月23日(土)
休館日
月曜日(祝日の際は翌日)、年末年始
参加費 / 入場料
参加無料(定員30名程度・入退場自由・当日先着順)
開館時間 / 閉館時間
12:00〜19:00 *イベントやトークプログラム開催時は異なります。
スケジュール
6月23日[土]14:00-17:30
住 所
〒530-0005   大阪府大阪市北区中之島1-1-1
京阪電車なにわ橋駅地下1階コンコース内
電話番号
06-6226-4006
ウェブサイト
主催、共催等
お問い合わせ先
アートエリアB1事務局:06-6226-4006
アクセス
京阪電車中之島線 「なにわ橋駅」地下1階コンコース(地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)
なにわ橋駅①出入口が最寄となります。
ユニバーサル設備
エスカレーター
車いす利用者のための
アクセス経路
直通のエレベーターはございません。
車いすでお越しの場合は、あらかじめアートエリアB1までご連絡いただきますよう、お願いいたします。
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る