芸術文化施設 大阪音楽大学音楽メディアセンター 楽器資料館
100周年記念館

100周年記念館

楽器から世界が見える

所蔵楽器など約2,000点のうち、1,400点を常設展示しています。また、楽器に関する書籍も閲覧できます。展示室は日本の伝統楽器、ヨーロッパの楽器、世界各地域の楽器を3つの部屋に展示しています。
日本の伝統音楽は大阪、奈良、京都を中心に日本各地へ広がりました。数々の伝統音楽・芸能に用いられる楽器の展示は、わが国屈指の規模を誇ります。雅楽、能楽、琵琶、近世邦楽の箏、三味線、胡弓、尺八、また民俗芸能に用いる音具などを一堂に見ることができます。日本の伝統工芸である象嵌(ぞうがん)、螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)など楽器に施された精緻な装飾を楽しむこともできます。大阪音楽大学建学の精神に基づき、日本の音楽文化資産を大阪の地から世界に発信してまいります。
ヨーロッパの楽器展示は、クラシック音楽で使われてきた楽器をご覧いただきます。モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ショパン、リスト、ドビュッシーらが創作活動を行った時代様式のオリジナル・ピアノを展示しています。また、サントリー株式会社様から寄贈された弦楽器コレクションは、ストラディヴァーリ、グァルネーリなど著名な楽器製作者の楽器が含まれ、海外にも知られるコレクションです。このほか、フルート、オーボエ、クラリネット、金管楽器などの変遷を知ることができる展示も興味を引くことでしょう。A.サックスが創始したオリジナルのサクソフォーンもご覧になれます。
世界各地の民族楽器は、そのかたち、素材、装飾を楽しむとともに、現在使われている楽器のルーツに思いを馳せることができます。

イベント情報

学芸員による展示解説 ⑨ 2018年9月15日(土)
学芸員による展示解説 ⑩ 2018年9月29日(土)

施設情報

住所
〒561-8555   大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
TEL
06-6335-5175
開館時間
10:00〜16:00
月曜日・土曜日(祝祭日、大学の休日を除く)  なお、開館期間中でも臨時閉館することがあります。  また、開館時間を変更する場合がありますので電話でご確認のうえ、ご来館ください。
休館日
火~金曜日・日曜日・祝祭日
本学創立記念日(10月15日)  8月および年末年始
※本学在学生、本学教職員、音楽院会員は火~金も利用可能です。
参加費 / 入場料
大人:500円
高校生:400円
中学生・小学生: 300円
未就学児:無料( 保護者の同伴が必要です)
本学在学生・本学教職員:無料(学生証、教職員証を提示してください)
付属音楽院会員:無料(会員証を提示してください)
・本学在学生のご家族は入館無料です。
・高齢者割引はありません。
・介助の必要な方の同行介助者1名は無料です。
ウェブサイト
https://www.daion.ac.jp/campus/museum/
アクセス
●電車・徒歩でお越しの方 阪急宝塚線「庄内駅」下車、西口より北西へ約900m、ミレニアムホールの東隣です。 (梅田(大阪)から「庄内」までの所要時間は約10分です。) ●車でお越しの方 駐車場はございません。お車でお越しの方は、周辺のコインパーキングなどのご利用をお願い申し上げます。 ◎新幹線新大阪駅から車で約10分 ◎大阪空港(伊丹)から車で約13分 ◎名神高速道路・豊中インターチェンジ、阪神高速道路・豊中南インターチェンジから車で約5分  住所:〒561-8555 豊中市庄内幸町1-1-8 大阪音楽大学K号館3階(100周年記念館)   電話:06-6335-5175(楽器資料館直通)
ユニバーサル設備
エレベーター・ベビーカー貸し出し・車いす利用者対応トイレ・車いす貸し出し
車いす利用者のための
アクセス経路
楽器資料館はK号館3階です、館内エレベーターにて3階までお越しください。なお、車椅子対応トイレは1階に設置しております。
施設からのバリアフリーについてのコメント
このページのトップに戻る