[松阪商人の館]
鬼が来た!!「大江山屏風」特別公開

関西文化の日 参加施設
関西文化の日当日イベント

大江山の鬼退治、年に一度の特別公開!

大江山屏風(部分) 大江山屏風(部分)

イベント概要

この屏風は源頼光の四天王である渡辺綱が、羅生門に住む鬼を退治しに行く、いわゆる『羅生門』の物語を題材とした作品です。
本来は絵巻であったものを貼り交ぜて屏風に仕立てた形態をもっています。通常、絵巻や草紙における物語は上下2巻で構成され、この絵巻は上巻に渡辺綱が羅生門に住みついた大江山の鬼の残党を討ちにいき、その右腕を切り落とした話を、下巻には源頼光の病の原因となった鬼を綱と頼光が退治する話を描いています。
本屏風は上巻にあたる詞書と絵画場面が貼り交ぜられていることから、上巻のみが入手され一隻分の屏風に仕立てられたか、または下巻を貼り交ぜた左隻が存在し、上巻を貼り交ぜた右隻のみが入手されたとも考えられます。
年に一度の特別公開です。この機会にぜひご覧ください。

開催期間

2018年11月04日(日)2018年11月18日(日)

開催時間

09:0016:00

会場
松阪商人の館(三重県松阪市本町2195)
料金
一般200円 小中学生・高校生100円
問合先
松阪商人の館(℡0598-21-4331)
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
休館日

アクセス
JR・近鉄松阪駅より徒歩約10分
松阪駅より三重交通バス松阪中央病院行き乗車「本町」下車徒歩約3分
伊勢自動車道松阪インターより車で約10分松阪市駐車場へ、駐車場より徒歩約8分
主催/共催
松阪商人の館

施設情報

施設名
松阪商人の館
開館時間/閉館時間
09:00〜16:00(入館は16:00まで)
所在地
〒515-0081
三重県松阪市本町2195番地
電話番号
0598-21-4331

この周辺施設をマップでみる