[栗東歴史民俗博物館]
国際博物館の日記念事業“『栗東市の左義長からみる地域社会』刊行記念シンポジウム―域学連携プロジェクトで伝統を未来へ―”

栗東市の“左義長”を取り上げるシンポジウムを開催します!

国際博物館の日記念事業“『栗東市の左義長からみる地域社会』刊行記念シンポジウム―域学連携プロジェクトで伝統を未来へ―” 国際博物館の日記念事業“『栗東市の左義長からみる地域社会』刊行記念シンポジウム―域学連携プロジェクトで伝統を未来へ―”

イベント概要

 栗東歴史民俗博物館では、平成29年に栗東市と龍谷大学が包括連携協定を締結したことを受け、龍谷大学社会学部 笠井 賢紀 准教授(当時)の研究室と協力して、小正月の行事である“左義長”がこれまでにどのように変遷してきたかを調べる調査を実施しました。
 この調査の成果が、今年3月に『栗東市の左義長からみる地域社会』(笠井 賢紀 著 、 サンライズ出版)として刊行されたことを記念して、“『栗東市の左義長からみる地域社会』刊行記念シンポジウム―域学連携プロジェクトで伝統を未来へ―”を、5月18日(土曜日、国際博物館の日)に開催します。
 多くの皆様のご来場をお待ちしています。 

 
 基調講演
  講師:笠井 賢紀(慶應義塾大学法学部 専任講師)
 パネルディスカッション
  パネリスト・進行役
     竹山 和弘(栗東市役所 建設部住宅課 係長、龍谷大学社会学部 非常勤講師)
  パネリスト
     土居 浩 (ものつくり大学 技能工芸学部建設学科 准教授)
     笠井 賢紀(慶應義塾大学法学部 専任講師)
     中川 敦之(栗東歴史民俗博物館 学芸員)
  ※『栗東市の左義長からみる地域社会』の書籍販売も行います。

 日時  5月18日(土曜日)14時から16時まで(13時30分開場)
 会場  栗東歴史民俗博物館 研修室
 参加費 無料
 定員  100名(当日先着順)

開催期間

2019年05月18日(土)

開催時間

14:0016:00

13時30分開場

会場
栗東歴史民俗博物館 研修室
料金
無料
問合先
栗東歴史民俗博物館(077-554-2733)
カテゴリー: ジャンル
  • 芸能
  • 歴史
  • 講座・講演
アクセス
●お車でお越しの場合●
国道1号線「上鈎(かみまがり)」交差点から約5分
名神高速道路栗東インターチェンジから約5分

●公共交通機関でお越しの場合●
JR琵琶湖線(東海道線)「草津」駅下車。東口バスターミナル5番乗り場より帝産バス「コミュニティセンター金勝」または「トレセン西住宅」行き乗車、「図書館・博物館前」バス停下車(バス所要時間約15分)。徒歩すぐ。目の前にある移築民家旧中島家住宅のよし葺き屋根が目印です。
※30分に1本程度の運行ですのでご注意下さい。
主催/共催
栗東市、栗東市教育委員会(主管:栗東歴史民俗博物館)
龍谷大学(龍谷エクステンションセンター)

施設情報

施設名
栗東歴史民俗博物館
開館時間/閉館時間
09:30〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒520-3016
滋賀県栗東市小野223-8
電話番号
077-554-2733

この周辺施設をマップでみる