[熊野古道なかへち美術館]
世界遺産登録15周年記念展 描かれた滝

当地熊野のシンボルともいえる「滝」の表現をテーマにした展覧会

イベント概要

「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコの世界遺産に登録されて15周年を迎えることを記念して、当地熊野のシンボルともいえる「滝」の表現をテーマにした展覧会を開催します。
滝の中でも特に、133mの日本一の落差を誇る「那智の大滝」は、その荘厳さと信仰の歴史に多くの画家たちが魅了され、作品としてきました。本展ではこの「那智の大滝」を中心に、「滝」の表現が日本近世以降の絵画においてどのように変遷してきたかの一側面を振り返ります。

開催期間

2019年07月06日(土)2019年09月23日(月)

開催時間

10:0017:00

会場
熊野古道なかへち美術館
料金
300円(240円)
・()は団体料金で20名様以上。
・学生及び18歳未満は無料
・65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方 は半額。
・第一種身体障害者、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の介護者1名は無料。
※証明できるものをご提示下さい
問合先
開館日 0739-65-0390
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
休館日

アクセス
龍神バスで「JR紀伊田辺駅」から「本宮大社前」行に乗車、「なかへち美術館」下車。(田辺駅より約1時間。)

明光バス「快速 熊野古道号」に乗車、「南紀白浜空港」・「JR田辺駅」・「JR新宮駅」から「なかへち美術館」下車。(紀伊田辺駅より約1時間。南紀白浜空港より約1時間50分。新宮駅より約1時間30分)
主催/共催
田辺市立美術館

施設情報

施設名
熊野古道なかへち美術館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒646-0015
和歌山県田辺市中辺路町近露891
電話番号
0739-65-0390

この周辺施設をマップでみる