[奈良市史料保存館]
史料保存館企画展示 新収蔵史料紹介‐近代の奈良町新知見‐

平成28~30年度に寄贈を受けた新史料を紹介

墨型および仕上げ道具 墨型および仕上げ道具

イベント概要

 史料保存館では、奈良町の歴史情報発信とともに、市内に残る歴史資料の収集に努めています。今回の展示では、平成28~30年度の間に寄贈を受けた史資料の中から、これまで知られていなかった近代奈良町の新史料などを紹介します。見どころのひとつは、椿井小学校校舎の図面です。明治9年(1876)建築の校舎に代わって明治40年(1907)に新築された校舎の図面で、明治後期の椿井小学校の外観と、内部の教室などの配置がわかります。また、奈良の伝統産業として有名な墨の製造で用いる墨型を紹介します。墨型が細かく彫り込まれている様子などを間近でご覧いただけます。このほか、昭和初期の御霊神社秋季例大祭の稚児写真や瓦堂町の旧蔵資料なども展示します。

開催期間

2020年01月07日(火)2020年03月01日(日)

休館日
月曜日・祝日の翌平日は休館(祝日は開館)
1月14日(火)・2月12日(水)・25日(火)

展示解説
1月12日(日)・2月4日(火) 午後1時半から約30分

奈良町にぎわいの家出張展示
「タイムトラベル奈良町 新収蔵史料紹介‐近代の奈良町新知見‐」
日時:3月1日(日)午後2時~4時
解説:午後2時から約30分
会場:奈良町にぎわいの家(奈良市中新屋町5)

同時開催
特別陳列ならまち歳時記
12月24日(火)~1月26日(日)奈良暦
1月28日(火)~2月24日(月)近世奈良の茶人 久保権太夫(長闇堂)
2月26日(水)~3月31日(火)春日大社の御田植行事

館蔵史料特別公開
1月28日(火)~2月24日(月)市章誕生
2月26日(水)~3月31日(火)月ヶ瀬梅渓

開催時間

09:0017:00

入館時間は16:30まで

会場
史料保存館展示室
料金
無料
問合先
史料保存館 0742-27-0169
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
アクセス
徒歩:近鉄奈良駅から南へ徒歩10~15分。またはJR奈良駅から南東へ徒歩15~20分。
バス:上記各駅から、市内循環バス「北京終町」下車、北へ徒歩約8分。「天理駅」「下山」行きバスで「福智院町」下車西へ徒歩約10分。
土・日・祝日運行ぐるっとバス奈良公園ルートR4「元興寺・ならまち」下車、徒歩約5分。
主催/共催
奈良市教育委員会

施設情報

施設名
奈良市史料保存館
開館時間/閉館時間
09:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒630-8337
奈良県奈良市脇戸町1-1
電話番号
0742-27-0169

この周辺施設をマップでみる