[兵庫県立人と自然の博物館]
館外公開シンポジウム「Where Culture Meets Nature ~日本文化を育んだ自然をいかに魅せるか~」

今後の自然史資料の保全と活用に関する議論を深めます

イベント概要

自然史レガシー継承・発信実行委員会は、平成28年度より4年間にわたり実施してきた館外企画展示「Where Culture Meets Nature ~日本文化を育んだ自然」の成果を振り返り、今後の自然史資料の保全と活用に関する議論を深めるためのシンポジウムを以下のとおり開催します。
日本の文化は、人と自然の間に伝統技術が介在することで豊かな発展を遂げてきました。豊かな自然を礎に育まれた文化の結晶ともいえる歴史的建造物・ユニークベニューを活用することで、科学の細分化によって分離してしまった自然史や歴史・人文・民俗を再び融合させることで先人たちが培ってきた文化を再発見出来るだけでなく、これまでにない価値を見い出し、新しい文化を育める可能性があります。本シンポジウムでは、平成28年度より4年間にわたり実施してきた歴史的建造物を活かした自然史標本のこれまでにない価値を表現する展示実験や先進的な取り組みを振り返るとともに、これからの日本に求められる文理融合型の価値創造の在り方を探ります。
招待講演者として、博物館の分野とは違った視点から、文化と自然の共生について、伝統工芸と新しい現代技術や発想のもと、各所で活躍されているお二人の匠をお招きして、新しいスタイルでの発信や活用について話題提供していただきます。また、1部では、令和元年度に京都市で開催された国際博物館会議(ICOM)での自然史系博物館の取り組みについて報告していただき、今後の自然史系博物館の在り方について議論します。

開催期間

2020年02月24日(月)

開催時間

10:3017:00

会場
京都国立博物館 平成知新館ホール
料金
無料(参加者は京都国立博物館への入館料が必要)
問合先
申込締切:令和2年2月20日(木曜日)
申込先:兵庫県立人と自然の博物館レガシー事業係
※名前、住所、連絡先、所属をご記入の上、メール(legacy@hitohaku.jp)、またはファックス(079-559-2033)でお申込みください。

兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境マネジメント研究部 主任研究員 三橋弘宗
連絡先(電話番号)079-559-2001
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
  • 歴史
  • 博物学
  • 考古学
  • 民族学
  • 植物生物
  • 講座・講演
アクセス
京都市東山区茶屋町527
主催/共催
主催:自然史レガシー継承・発信実行委員会(実行委員会構成館:北海道博物館、栃木県立博物館、国立科学博物館、三重県総合博物館、琵琶湖博物館、伊丹市昆虫館、大阪市立自然史博物館、きしわだ自然資料館、橿原市昆虫館、北九州市立自然史・歴史博物館、事務局:兵庫県立人と自然の博物館、計11館)
共催:特定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク、小規模ミュージアムネットワーク

施設情報

施設名
兵庫県立人と自然の博物館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒669-1546
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
電話番号
079-559-2001

この周辺施設をマップでみる