[敦賀市立博物館]
「ふつうの系譜」おかえり展 ふつうの美しさー京の絵画と敦賀コレクションー

心をくすぐる江戸絵画の世界

特別展チラシ 特別展チラシ

イベント概要

 今春、東京・府中市美術館の「ふつうの系譜「奇想」があるなら「ふつう」もあります 京の絵画と敦賀コレクション」展では、当館が所蔵する絵画作品95点を出品いたしました!今回、敦賀市立博物館では、「ふつうの系譜」おかえり展と称して、「ふつうの美しさ」をテーマとしたコレクション展を開催いたします。会期を前期・中期・後期の3期に分けて、計103点を展示いたします。当館のコレクションは、郷土ゆかりの画家はもちろん、江戸時代から近代にかけて京都で活躍した画家たちの作品が豊富です。しかし、人気の伊藤若冲や曽我蕭白といった「奇想」の画家の作品はありません。言ってみれば「奇想」ではない「ふつう」の絵画ばかりが集まっているのです。ただ、現代の私たちが一見して地味で「ふつう」と捉えそうなものにも、作者の並々ならぬこだわりや技があります。あたりまえに見せて全然あたりまえではないのです。この「ふつう」の魅力をぜひ沢山の人に見てもらい、美術の奥深さ、面白さをより感じてほしい。そんな思いから、府中市美術館のお誘いによって「ふつうの系譜」の企画が進んでいきました。本来ならば全国の美術ファンの方々にご覧いただくはずであった府中市美術館の展覧会でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、止む無く会期途中にして中止となってしまいました。ウイルスという目に見えないものが生活を侵略していく未曽有の状況に、多くの人が恐怖し、疲弊しました。日々の「ふつう」がいかに貴重なものだったのかを感じた方も多いでしょう。今回展示する作品を描いた画家たちの時代にも疫病の流行はおろか、自然災害や大火、飢饉、様々なものが日常を襲いました。そんな中で生きていたからこそ、画家たちは日々目にする「美しいもの」を目一杯に感じ、表現して描いていたのかもしれません。そこには、きっと今の私たちの心を動かすものがあると思っています。

開催期間

2020年08月08日(土)2020年11月08日(日)

開催時間

10:1017:00

会場
敦賀市立博物館2階3階展示室
料金
博物館入館料 個人300円( 団体250円)
※高校生、小学生、中学生、及び小学生未満の方は入館料は無料です。
※「団体」料金が適用されるのは20名様以上の団体です。
問合先
〒914-0062福井県敦賀市相生町7番8号
電話0770-25-7033 FAX 0770-47-6131
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
休館日

2020年08月17日(月)/2020年08月24日(月)/2020年08月31日(月)/2020年09月07日(月)/2020年09月14日(月)/2020年09月23日(水)/2020年09月28日(月)/2020年10月05日(月)/2020年10月12日(月)/2020年10月19日(月)/2020年10月26日(月)/2020年11月02日(月)/2020年11月04日(水)

アクセス
市内バス利用:JR敦賀駅からぐるっと敦賀周遊バスで博物館通り下車すぐ コミュニティバス:海岸線で山車会館下車すぐ
松原線または金山線で神楽町下車、徒歩約5分 福鉄バス:
若狭線で神楽町下車、徒歩約5分 菅浜線で神宮前下車、徒歩約10分
タクシー:JR敦賀駅から約5分
自家用車利用:北陸自動車道敦賀インターから約7分
徒歩:JR敦賀駅から商店街アーケード沿いに約25分
主催/共催
敦賀市立博物館

施設情報

施設名
敦賀市立博物館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は17:00まで)
所在地
〒914-0062
福井県敦賀市相生町7-8
電話番号
0770-25-7033

この周辺施設をマップでみる