[兵庫県立人と自然の博物館]
臨時展示「絶滅危惧種ニッポンバラタナゴの保全に関する論文の出版」

絶滅危惧種であるニッポンバラタナゴの生息について紹介します

ニッポンバラタナゴの標本(展示の一部) ニッポンバラタナゴの標本(展示の一部)

イベント概要

主旨
ニッポンバラタナゴは日本固有の淡水魚ですが、外来亜種タイリクバラタナゴとの交雑が進み、純粋個体が激減しています。このため、環境省のレッドリストでは絶滅危惧IA類に、兵庫県のレッドリストでもAランクに指定されています。兵庫県では、すでに本来の生息環境だった河川からは姿を消してしまっています。本研究では、兵庫県の人工環境である「ため池」に生息する個体が、純粋なニッポンバラタナゴに極めて近いことを、高い精度で確認しました。この研究成果は論文として、Conservation Genetics誌から電子版が出版されました。これを受けて、当館にて臨時展示を行います。

展示概要
期間:令和2年7月10日(金曜日)~8月31日(月曜日)
場所:兵庫県立人と自然の博物館2階「水生生物の世界」展示室
参加費:無料(入館の際に観覧料のみ必要)
展示物:ニッポンバラタナゴの標本1点、論文1点、パネル2点

論文の概要
【表題】
英文:A ddRAD-based population genetics and phylogenetics of an endangered freshwater fish from Japan
和訳:絶滅の危機に瀕したある日本淡水魚のddRADを用いた集団遺伝と系統
【掲載誌】
「Conservation Genetics」(査読付き国際学術雑誌)、出版社:Springer Nature(シュプリンガー・ネイチャー)社、スイス

開催期間

2020年07月10日(金)2020年08月31日(月)

月曜日休館(祝日・休日の場合はその翌日)※夏休み期間中は休まず開館します。

開催時間

10:0017:00

入館は16時30分まで

会場
兵庫県立人と自然の博物館 2階「水生生物の世界」展示室
料金
大人 200(150)円 / 大学生 150(100)円 / 70歳以上 100(50)円 / 高校生以下 無料

【障がい者割引】
大人 50(30)円 / 大学生 30(20)円 / 高校生以下 無料

※( )は団体料金(20名以上)

*高校生以下は県内・県外を問わず無料です。
*70歳以上の方、障がいのある方は証明書をご提示ください。
*障がい者1名につきその介護者1名は無料です。
*再入場をご希望の方は、当日に限り可能です。入館時のチケット(半券)をお持ちください。
*団体でのご観覧を希望される場合は、事前に生涯学習課までご連絡をお願いいたします。
問合先
兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境マネジメント研究部 主任研究員 高橋鉄美
〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
Tel:079-559-2001
カテゴリー: ジャンル
  • 博物学
  • 植物生物
アクセス
<電車>
●神戸方面から
神戸高速鉄道「新開地」駅から神戸電鉄「三田」行きに乗車。
または神戸市営地下鉄「三宮」駅から北神急行電鉄「谷上」駅で神戸電鉄「三田」行きに乗り換える。
三田駅より2つ手前の「横山」駅で、「ウッディタウン中央」行きに乗り換えて、「フラワータウン」駅で下車(「谷上」駅からの所要時間約40分)。徒歩すぐ。
●大阪方面から
JR「大阪駅」またはJR「尼崎駅」よりJR宝塚線(福知山線)「新三田」、「篠山口」または「福知山」行きに乗車後、「三田」駅で下車。神戸電鉄「三田」駅から「ウッディタウン中央」行きに乗車、「フラワータウン」駅で下車(JR「大阪」駅から所要時間約50分)。徒歩すぐ。

<車>
中国自動車道「神戸三田インターチェンジ(六甲北有料道路終点)」から約10分。

<バス>
●神戸方面から
JR「三ノ宮」駅東口の東側にある神姫バス三ノ宮バスターミナルから神姫バス「学園 7丁目」「三田駅」または「つつじが丘北口」行きに乗車。「フラワータウンセンター」で下車 (所要時間約 50分)。徒歩約 5分。
※すべてのバスは「新神戸」駅を経由。なお一部のバスは「フラワータウンセンター」に停車しませんので、必ず「フラワータウンセンター経由」であることを確認してください。
主催/共催
主催:兵庫県立人と自然の博物館

施設情報

施設名
兵庫県立人と自然の博物館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒669-1546
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
電話番号
079-559-2001

この周辺施設をマップでみる