[清荒神清澄寺 鉄斎美術館 別館「史料館」]
開館45周年記念 鉄斎の祭礼図

京都の祇園祭、牛祭などを中心に鉄斎が描いた日本の祭礼図を紹介

イベント概要

幕末の動乱と明治維新による近代化の波は、連綿と続く日本の祭礼や習俗に多大な影響を与えました。敬神崇仏の念に篤い富岡鉄斎(1836~1924)は、衰退の一途を辿る社寺と祭礼の実情に向き合い、独自の立場から調査研究することに努めました。なかでも、明治中期、京都太秦の牛祭を、鉄斎が中心となって復興したことは広く知られています。
本展では、生まれ育った京都の祇園祭、牛祭、やすらい祭、滋賀筑摩の鍋冠祭を題材とした二曲一双屏風《四祭図》のほか、年中行事を一幅に収めた《名勝十二月図》、アイヌの儀礼イヨマンテを描く《蝦夷人熊祭図》など、日本の風俗に取材した作品を紹介します。鉄斎が心を寄せて描いた躍動感あふれる祭礼図をお楽しみください。

開催期間

2020年07月12日(日)2020年10月04日(日)

2020年6月28日より開催

開催時間

09:3016:30

会場
鉄斎美術館別館「史料館
料金
無料
問合先
清荒神清澄寺 鉄斎美術館 (0797-84-9600)
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
  • 歴史
休館日

アクセス
阪急電車:宝塚線清荒神駅下車、徒歩約15分
(タクシー利用の場合は宝塚駅下車)
JR:宝塚線宝塚駅下車、タクシーで約10分
主催/共催
清荒神清澄寺 鉄斎美術館

施設情報

施設名
清荒神清澄寺 鉄斎美術館 別館「史料館」
開館時間/閉館時間
09:30〜16:30(入館は16:30まで)
所在地
〒669-1533
兵庫県宝塚市米谷清シ1番地 清荒神清澄寺山内
電話番号
0797-84-9600

この周辺施設をマップでみる