[愛荘町立歴史文化博物館]
令和2年度秋季特別展「紙製品への思い -国誉の礎とコクヨの現在-」

コクヨの資料を展示し、我が国における紙製品製造史の一端を紹介

令和2年度秋季特別展「紙製品への思い -国誉の礎とコクヨの現在-」ポスター 令和2年度秋季特別展「紙製品への思い -国誉の礎とコクヨの現在-」ポスター

イベント概要

 我が国において今日的な既成紙製品が登場したのは、外国から
洋紙や既製品を輸入し、洋式帳簿として販売し始めた明治の初め
頃と言われています。しかしながら、明治末期になっても一般の
会社や商店では「大福帳」などのように、束ねた和紙に厚めの表
紙を付け、こよりで綴っただけの帳面が使われていました。
 大正時代になり、経営の近代化が急速に進むと同時に洋式帳簿
が急速に普及しますが、その前夜、明治38年(1905)にコクヨ株
式会社の創業者である黒田善太郎(1879-1966)は、コクヨの前
身「黒田表紙店」を起業し、大正2年(1913)には洋式帳簿の既製
品化を開始しました。
 天性工夫を好む黒田の企業家精神により改良が重ねられた様々な
紙製品は、時代を超えて優良な品質を求める多くの人々に受け入れ
られます。そして「国誉(コクヨ)」の商標名どおり、黒田の郷里
である越中富山、ひいては日本の誉れとして評価され、今日に至る
文房具やオフィス家具、事務機器の製造販売に代表される「コクヨ
ブランド」の礎が築き上げられました。
 展覧会では、コクヨ創業期(主として黒田国光堂時代)から昭和
29年(1954)の紙製品製造業確立期―大コクヨの誕生―に至る資料
や製品を中心に展示し、我が国における紙製品製造史の一端に触れ
るとともに、地域や環境に貢献する株式会社コクヨ工業滋賀の紙製
品(モノづくり)を紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇学芸員による展示解説◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11月15日(日曜日)・29日(日曜日)
10:30~11:00 / 14:00~14:30
場所:歴史文化博物館 企画展示室 参加費:無料(要入館券)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

開催期間

2020年10月29日(木)2020年12月13日(日)

※11月は毎日開館
※無料入館日(関西文化の日):11月21日(土)~23日(月・祝)

開催時間

10:0017:00

※最終入館は16:30まで

会場
愛荘町立歴史文化博物館 企画展示室
料金
一般 300円(20名以上 団体250円)
小中生 150円(20名以上 団体100円)
※障がい者(手帳提示=半額)・同伴者は半額(150円)
問合先
愛荘町立歴史文化博物館 TEL:0749(37)4500 ※月・火曜日休館
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
  • その他
休館日

2020年12月01日(火)/2020年12月07日(月)/2020年12月08日(火)

アクセス
【アクセス】
■□電車でお越しの場合□■
 ○JR琵琶湖線(東海道本線)稲枝駅から 予約型
  乗合タクシー「愛のりタクシーあいしょう」
  「金剛輪寺停留所」下車
 ○近江鉄道愛知川駅、豊郷駅から予約型乗合タクシー
  「愛のりタクシーあいしょう」「金剛輪寺停留所」下車
※予約型乗合タクシー「愛のりタクシーあいしょう」の
 詳細については下記URLを参照ください。
https://www.town.aisho.shiga.jp/kurashi_tetsuzuki/kotsu/1/1593.html
主催/共催
主催/愛荘町立歴史文化博物館
特別協力/コクヨ株式会社・株式会社コクヨ工業滋賀

施設情報

施設名
愛荘町立歴史文化博物館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒529-1202
滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺878
電話番号
0749-37-4500

この周辺施設をマップでみる