[大阪府立弥生文化博物館]
秋季特別展「弥生農耕-田んぼとはたけ-」

関西文化の日 参加施設
関西文化の日当日イベント

弥生農耕-田んぼとはたけ-

イベント概要

弥生時代の基礎は農耕、特に水田でのコメ作りだと考えられています。弥生研究の主テーマは各地での稲作の導入過程とその展開・結果の追求だったといってよいでしょう。登呂遺跡で水田が最初に見つかってから現在まで、その具体像はおよそ明らかになったといえますが、解決していない論点も残り、新たな分析手法の導入で逆に深まる謎もあります。本展では、水田というコメを栽培する場に焦点を当てるとともに、近年みえてきた畠作の問題をとり上げます。農耕の意味を知るには、栽培はもちろん、収穫、保存、食べるまで含めて考える必要があります。鍬や石庖丁などの農具、収穫物の処理、料理方法まで対象を広げ、弥生時代をどう捉えるのかという大問題を、今日の目で改めてみつめなおします。

開催期間

2020年10月11日(日)2020年12月13日(日)

開始日:2020/10/10

開催時間

09:3017:30

会場
大阪府立弥生文化博物館 特別展示室
料金
特別展開催期間中:一般650円、65歳以上・高大生450円
※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
※20名以上の団体は団体割引料金
問合先
大阪府立弥生文化博物館(0725-46-2164)
カテゴリー: ジャンル
  • 考古学
アクセス
JR阪和線「信太山駅」下車 西へ約600m
南海本線「松ノ浜駅」下車 東へ約1,500m
主催/共催
大阪府立弥生文化博物館

施設情報

施設名
大阪府立弥生文化博物館
開館時間/閉館時間
09:30〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒594-0083
大阪府和泉市池上町4-8-27
電話番号
0725-46-2162

この周辺施設をマップでみる