[奈良市史料保存館]
史料保存館企画展示 おかげまいり-伊勢参宮と奈良町-

文政13年(1830)のおかげまいりについて町記録などで紹介

企画展示チラシ 企画展示チラシ

イベント概要

 江戸時代には、約60年周期で数百万の民衆が短期間に集団で伊勢神宮へ参宮する「おかげまいり」とよばれる現象が起こりました。奈良町は伊勢神宮へ向かう街道(上街道)筋にあたることから、かつてないほど大勢の参宮者が押し寄せました。参宮者の中には抜参(ぬけまいり)といって、親や主人の許可を得ないまま、旅行手形も持たず着の身着のまま家を出て伊勢神宮をめざした人々もありました。道中の町々では、「施行(せぎょう)」とよばれる参宮者への食事や宿泊の世話を行いました。
 今回の展示では、江戸時代後期の奈良町にとって大きな出来事であった文政13年(1830)のおかげまいりについて、上街道筋にあたる元興寺町や井上町、奈良奉行所に近い東向北町の町の記録などから「施行(せぎょう)」を中心に紹介します。また、地元奈良の町や周辺地域で古くから続く伊勢神宮に対する篤い信仰を示す史料として、平成30年に寄贈を受けた大安寺町の伊勢講関係資料を初公開して、紹介します。

開催期間

2021年01月13日(水)2021年03月31日(水)

休館日
月曜日・祝日の翌平日は休館(祝日は開館)
2月12日(金)・24日(水)

展示解説
2月16日(火)・3月21日(日) 午後1時半から約30分

奈良町にぎわいの家出張展示
「タイムトラベル奈良町 ~おかげまいり-伊勢参宮と奈良町-~」(申込不要)
日時:3月6日(土)午後2時~4時
解説:午後2時から約30分
会場:奈良町にぎわいの家(奈良市中新屋町5)
※当日会場でのマスク着用、検温、連絡先提供にご協力ください。

※新型コロナウイルス感染症流行状況により、館員による実物史料の解説は中止し、パネル展示に変更になる場合がございます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


同時開催
特別陳列ならまち歳時記
12月22日(火)~1月11日(月・祝)奈良暦
1月13日(水)~2月21日(日)近世奈良の茶人 久保権太夫(長闇堂)
2月23日(火)~3月31日(水)春日大社のお田植行事

館蔵史料特別公開
12月22日(火)~1月11日(月・祝)興福寺小絵馬
2月23日(火)~3月31日(水)月ヶ瀬梅渓

※新型コロナウイルス感染症防止のため、ご来館の際はマスク着用などご協力をお願いします。また、展示、イベントの予定を変更することがあります。

開催時間

09:0017:00

入館時間は16:30まで

会場
史料保存館展示室
料金
無料
問合先
史料保存館 0742-27-0169
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
アクセス
徒歩:近鉄奈良駅から南へ徒歩10~15分。またはJR奈良駅から南東へ徒歩15~20分。
バス:上記各駅から、市内循環バス「北京終町」下車、北へ徒歩約8分。「天理駅」「下山」行きバスで「福智院町」下車西へ徒歩約10分。
土・日・祝日運行ぐるっとバス奈良公園ルートR4「元興寺・ならまち」下車、徒歩約5分。
主催/共催
奈良市教育委員会

施設情報

施設名
奈良市史料保存館
開館時間/閉館時間
09:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒630-8337
奈良県奈良市脇戸町1-1
電話番号
0742-27-0169

この周辺施設をマップでみる