[奈良県立美術館]
企画展 広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に

広重の名作「名所江戸百景」を前期・後期に分けてすべて展覧

イベント概要

歌川広重(1797~1858)は、江戸時代末期に浮世絵風景画の名手として活躍した浮世絵師です。代表作の「東海道五十三次之内」(保永堂版五十三次)は、一説によれば、広重の東海道中の体験をもとに描いたと伝わります。その旅情溢れる浮世絵は江戸時代の人々の人気を集めました。
 広重の「名所江戸百景」は江戸人の広重が晩年に描いた「江戸」の名所絵です。浮世絵は庶民が気軽に入手できる大量生産の版画で、描かれる対象は庶民の暮らしや関心事に密着していました。「名所江戸百景」は江戸の人々が自分たちの生きる都市の「名所」を再確認する浮世絵だったのでしょう。
 本展では、広重の描いた「名所江戸百景」を前期・後期に分けて全点展覧します。また、近隣の美術館の協力を得て、広重の「東都名所」シリーズや「東海道」シリーズを展示に加え、江戸の人々も夢中になった広重の浮世絵風景画の魅力を伝える機会といたします。
 併催の「新所蔵品・新寄託品を中心に」では、近年当館所蔵・寄託となった作品のうち、初公開の作品を含む絵画、彫刻、工芸、版画作品を展示し、当館の活動の一端を紹介いたします。

開催期間

2021年01月16日(土)2021年03月14日(日)

展示替えがあります
前期展 1/16~2/14
後期展 2/16~3/14

開催時間

09:0017:00

最終入館は16:30

会場
奈良県立美術館
料金
一般400円
大・高生250円
中・小生150円
問合先
奈良県立美術館
電話 0742-23-3968
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
休館日

2021年01月25日(月)/2021年02月01日(月)/2021年02月08日(月)/2021年02月15日(月)/2021年02月22日(月)

アクセス
近鉄奈良駅①番出口から徒歩5分
JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車すぐ
主催/共催
奈良県立美術館

施設情報

施設名
奈良県立美術館
開館時間/閉館時間
09:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町10-6
電話番号
0742-23-3968

この周辺施設をマップでみる