[川島織物文化館]
あなどるなかれ 織物図案「葵祭」

明治期の巨大な織物に成った図案が身近で見れる!

チラシ表 綴織壁掛「葵祭」原画(部分)今尾景年(明治24年)頃 チラシ表 綴織壁掛「葵祭」原画(部分)今尾景年(明治24年)頃

イベント概要

 川島織物セルコンの創業二代目である二代川島甚兵衞は、1893(明治26)年に葵祭(京都)路頭の儀を題材にした縦340cm巾730cmを誇る巨大な綴織壁掛「葵祭」(インディアナポリス美術館蔵)を制作しました。二代甚兵衞は、葵祭の詳細を一枚の画面に表するため、その図案を日本画家の今尾景年に依頼しましたが、人物の部分には洋画家である田村宗立のリアルな表現を加え、図案の完成度を高めることにこだわりました。二代甚兵衞の熱意が二人の有名画家の合作を生み出したと言えるでしょう。本展では試行錯誤を重ね完成した織物図案にスポットを当てご紹介しています。比叡山をバックに展開する壮大な葵祭の光景を是非ご鑑賞下さい。

開催期間

2021年02月25日(木)2022年01月31日(月)

新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いいたします。
状況の変化により、開催日時等を変更する可能性があります。
詳しくはホームページをご覧ください。

開催時間

10:0016:30

入館は16時まで
見学は事前にご予約が必要です(予約TEL 075-741-4323)
休館日:土・日・祝日・年末年始・夏期(詳しくはお問い合わせください)

会場
川島織物文化館
料金
無料
見学は事前にご予約が必要です(TEL:075-741-4323)
問合先
予約専用窓口 :075-741-4323
川島織物文化館:075-741-4120
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
  • その他
アクセス
〇電車・バス ・京都市営地下鉄「国際会館駅」より京都バス(50/52系統)「小町寺」下車 徒歩約5分        
       ・叡山電車「市原駅」下車 徒歩約7分
〇お車    ・京都市営地下鉄「国際会館駅」より 約15分
       ・京阪電車「出町柳駅」より 約25分
       ・京都駅より 約40分
       ・名神高速道路「京都東IC」「京都南IC」より 約60分
主催/共催
株式会社 川島織物セルコン
      川島織物文化館

施設情報

施設名
川島織物文化館
開館時間/閉館時間
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
要予約
予約専用窓口
075-741-4323
所在地
〒601-1192
京都府京都市左京区静市市原町265
電話番号
075-741-4120

この周辺施設をマップでみる