[三重県総合博物館:MieMu(ミエム)]
第28回企画展 やっぱり石が好き!三重の岩石鉱物

三重の岩石鉱物が一堂に大集合!

やっぱり石が好き!チラシ やっぱり石が好き!チラシ

イベント概要

三重県内にみられる石は、約3億年前の時の流れの中で繰り広げられてきたプレートの沈み込み、マグマの発生、火山の爆発、断層活動などの地質イベントに関わってできたものです。今回は、そんな地面の世界に目を向けて、三重県産の岩石や鉱物などを一堂に展示し、その魅力をお伝えします。

プロローグ 三重のすばらしい石
三重県の地質の特徴と、それがどのようにして作られてきたかを概観します。

第1章 形と色の美しさ ―三重の鉱物―
世界で認められている鉱物の種類は約5,700種で、そのうち日本では約1,500種、三重県では約260種が報告されています。ここでは三重県で産する鉱物を紹介します。

第2章 大地の成り立ちを探る ―三重の岩石―
三重県の大地に岩石がどのように分布しているかを、火成岩、堆積岩、変成岩と種類ごとに紹介します。

第3章 石とともに生きる
石器などの道具や装身具、祭祀や信仰に用いられた石棒や石塔など、人々のくらしを支えてきた石製品の数々を、考古資料を中心に紹介します。

第4章 石とわたしたち
石炭や粘土、みがき砂など、生活の中で資源として利用している例を紹介するとともに、一方で脅威となる災害への備えについても考えます。

開催期間

2021年04月24日(土)2021年08月29日(日)

休館日:毎週月曜日(5月3日、8月9日は開館)、5月6日(木)・8月10日(火)

開催時間

09:0017:00

最終入場は16時30分まで

会場
三重県総合博物館(津市一身田上津部田3060)
料金
一般800(640)円、学生480(380)円、高校生以下無料
※( )は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をお持ちの方とその付添いの方1名様は、無料となります。
※毎月第3日曜日は家庭の日で、正規観覧料の2割引きでご覧いただけます。
※コーポレーション・デー(不定期)は、基本展示の観覧料が無料になります。
問合先
三重県総合博物館(MieMu)
カテゴリー: ジャンル
  • 博物学
休館日

2021年08月02日(月)/2021年08月10日(火)/2021年08月16日(月)/2021年08月23日(月)

アクセス
<公共交通機関の場合>
津駅(近鉄名古屋線、JR紀勢本線、伊勢鉄道)西口下車
・津駅西口よりバスで約5分  (津駅西口1番のりばからご乗車ください)
 【89系統】総合文化センター行き 「総合文化センター前」下車すぐ
 【89系統】夢が丘団地行き 「総合文化センター前」下車すぐ
・津駅西口より徒歩25分

<お車の場合>
伊勢自動車道「芸濃IC」から約20分
伊勢自動車道 「津IC」から約10分
主催/共催
主催:三重県総合博物館
後援:三重県博物館協会、一般社団法人 日本地質学会
助成:公益財団法人 岡田文化財団

施設情報

施設名
三重県総合博物館:MieMu(ミエム)
開館時間/閉館時間
09:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒514-0061
三重県津市一身田上津部田3060
電話番号
059-228-2283

この周辺施設をマップでみる