[(公財)鳥取県文化振興財団]
レクチャー・シリーズ  「251年目のベートーヴェン」弦楽四重奏曲第1番とともに、ベートーヴェンに迫る

時代の転換点に現れた異才・音楽を芸術にした男

イベント概要

音楽をもっと身近に感じる、コンサートに行く楽しみを広げる
「レクチャー・シリーズ」第1弾!
「新日本フィルハーモニー交響楽団 米子公演」に関連して、生誕251年を迎えた楽聖・ベートーヴェンの波乱な生涯と創作の背景を、音楽ライター・中村雅子氏が解説。とっとりチェンバーオーケストラによる弦楽四重奏の演奏を交えながら、多くの人に愛される楽曲の魅力に迫ります。

[解説] 中村雅子(音楽ライター)
[演奏] とっとりチェンバーオーケストラによる弦楽四重奏
      竹田詩織、湯淺いづみ、棚橋恭子、中嶋寄惠
[演奏曲] ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第1番 ヘ長調 Op.18-1

開催期間

2021年07月08日(木)

開催時間

18:3020:00

会場
米子市文化ホール イベントホール
料金
一般1,000円、U18無料・要入場整理券
問合先
とりぎん文化会館 TEL/0857-21-8700
カテゴリー: ジャンル
  • 講座・講演
アクセス
※JR米子駅より 徒歩 約2分
※山陰道米子バイパス
・松江方面から米子西ICより 約5分 
・鳥取方面から米子中ICより 約5分/米子南ICより 約10分
主催/共催
【主催】(公財)鳥取県文化振興財団
【助成】(一財)地域創造