[大谷大学博物館]
大谷大学博物館の逸品 重要文化財「後白河院庁下文」【実習生展併催】

重要文化財「後白河院庁下文」を紹介します。

イベント概要

大谷大学博物館は、10件の国指定重要文化財を所蔵しています。毎年秋には、これらの作品をゆっくりご覧いただくため、そのうちいくつかを紹介しています。本年は平安時代後期の永暦元年(1160)5月5日付「後白河院庁下文」です。
本品は、後白河院庁が宇治の木幡の浄妙寺の訴えにより、伏見荘民らの押領停止と寺領返却を山城国在庁官人らに命じた下文の原本です。院司として平清盛や平頼盛らの花押があることでも有名です。現存する後白河院庁下文の原本の中で、早い時期に出されたものであり、院庁下文の典型として古文書学上、さらに院政期社会研究上で重要であるため、2014年に重要文化財に指定されました。
また、本学の学芸員養成の博物館学課程の学生が、企画から展示までを行った「実習生展」を併催しています。あわせてご高覧いただければ幸いです。

開催期間

2021年09月08日(水)2021年09月25日(土)

開催時間

10:0017:00

10:30入館、13:00入館、14:00入館、15:00入館の事前予約制。
予約方法は大谷大学博物館ホームページにてご確認ください。

会場
大谷大学博物館
料金
観覧料無料
問合先
大谷大学博物館 075-411-8483(平日10:00-17:00)
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
アクセス
地下鉄烏丸線「北大路」下車、6番出口すぐ
市バス「北大路ターミナル」「烏丸北大路」下車
主催/共催
大谷大学博物館

施設情報

施設名
大谷大学博物館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒603-8143
京都府京都市北区小山上総町 響流館1階
電話番号
075-411-8483

この周辺施設をマップでみる