[大阪府立近つ飛鳥博物館]
令和3年度秋季特別展「玉からみた古墳時代」

「玉」からみえる古代の装身文化

赤土山古墳出土玉類 天理市教育委員会所蔵 赤土山古墳出土玉類 天理市教育委員会所蔵

イベント概要

装身と装身具は、現代においても「美」や「威厳」など人を壮麗にみせるためのものです。人に特有の知的文化的行為であり、その意味付けは社会の認知が必要不可欠です。
旧石器時代以来、日本列島でも人々はさまざまな意識のもとで装身してきました。なかでも古墳時代には、「古墳」という社会的モニュメントの造営に人々が注力するなかで、玉類は社会的ステータス・シンボルであり壮麗な舞台を飾るシンボルとして用いられてきました。『記紀』において「玉」と称された美石の連珠や金銀銅などを用いた渡来系の金属製装身具などが、支配者層の人々やさまざまな場面において用いられました。この展示では、弥生時代から古墳時代の装身文化とその背景、王権とのかかわりやその位置づけなどに焦点をあて、玉の種類や変化を考えてみたいと思います。

開催期間

2021年10月02日(土)2021年11月28日(日)

月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日休み)

開催時間

10:0017:00

入館は16時30分まで

会場
大阪府立近つ飛鳥博物館
料金
一般650円[520円]
高大生・65歳以上450円[360円]
中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方[介助者1名を含む]無料
([ ]内は20名様以上の団体料金)
問合先
大阪府立近つ飛鳥博物館
0721-93-8321
カテゴリー: ジャンル
  • 歴史
  • 考古学
  • 講座・講演
休館日

2021年10月04日(月)/2021年10月11日(月)/2021年10月18日(月)/2021年10月25日(月)/2021年11月01日(月)/2021年11月08日(月)/2021年11月15日(月)/2021年11月22日(月)

アクセス
近鉄長野線「喜志」駅または「富田林」駅下車、金剛バス「近つ飛鳥博物館前」行終点より約600m
主催/共催
大阪府立近つ飛鳥博物館

施設情報

施設名
大阪府立近つ飛鳥博物館
開館時間/閉館時間
09:45〜17:00(入館は16:30まで)
展示室の入館受付は午前10時から
所在地
〒585-0001
大阪府南河内郡河南町大字東山299番地
電話番号
0721-93-8321

この周辺施設をマップでみる