[徳島県立近代美術館]
所蔵作品展 徳島のコレクション 2021年度 第2期(後半)

「20世紀の人間像」「徳島ゆかりの美術」「現代版画」

イベント概要

 所蔵作品展では、収集方針に合わせて、「20世紀の人間像」「徳島ゆかりの美術」「現代版画」のコーナーを設けています。それぞれのコーナーでは、毎回、テーマを設けて作品を紹介しています。また、今期は「特集 山下菊二の手法 イメージを誘発する」のコーナーを設けます。
 「20世紀の人間像」では、20世紀初めに美術界に新しい表現をもたらしたピカソやグレーズの作品とともに、その影響を受けた現代の作家ホックニーの作品を紹介します。その他、戦後の日本洋画や日本画の団体、創画会の作家の作品もご覧いただきます。
 「徳島ゆかりの美術」では、戦後から現代にかけて全国区で活躍した、菊畑茂久馬、吹田文明、谷川泰宏などの作品を紹介します。
 「現代版画」では、「ハンガ入門」として、版画ならではの表現の面白さを各回テーマごとに注目します。「歌う」では池田満寿夫、「重ねる」では木村光佑、「写す」ではアンディー・ウォーホルなどを取り上げ、それぞれの版画の作り方の特徴や見どころを紹介します。
 「特集 山下菊二の手法 イメージを誘発する」では、シュルレアリスムの手法と日本の土俗的なイメージを駆使し、人権問題を告発する作品を描いた山下菊二(現・徳島県三好市出身 1919~86年)が、どのようにイメージを発想し、作品にしていったか、制作の秘密に迫ります。

開催期間

2021年09月14日(火)2021年12月05日(日)

休館日
 毎週月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)

開催時間

09:3017:00

会場
徳島県立近代美術館 展示室1、屋外展示場、美術館ロビーほか
料金
一般 200円[160円]/高・大生 100円[80円]/小・中生 50円[40円] [ ]内は20名以上の場合
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は、観覧料が無料になります。
65歳以上の方で証明できるものをご提示いただいた方は、無料になります。
小・中・高生は、土・日・祝日・振替休日の観覧料が無料になります。
大学生・一般は、祝日および振替休日の所蔵作品展の観覧料が無料になります。
問合先
徳島県立近代美術館 電話:088ー668ー1088
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
アクセス
◆JR徳島駅からのアクセス
バス停「徳島駅前」 
①3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し20分、終点「文化の森」で下車。
②3番のりば「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し24分、「文化の森」で下車。
③2番のりば「法花【文化の森経由】」行きに乗車し16分、「文化の森」で下車。
④3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原西(入田)」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
⑤13番のりば「佐那河内線 神山高校前」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
◆JR文化の森駅からのアクセス
○バス停「文化の森駅東」から「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し7分、「文化の森」で下車。
※市原線は平成28年4月1日から一部の便が国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由に変更され、「文化の森駅東」(新設)及び「文化の森」で停車します。
主催/共催
主催:徳島県立近代美術館

施設情報

施設名
徳島県立近代美術館
開館時間/閉館時間
09:30〜17:00(入館は16:30まで)
最終入館時間は、あくまでも目安ですので、16時30分以降も入館いただけます。
所在地
〒770-8070
徳島県徳島市八万町向寺山 徳島県文化の森総合公園内
電話番号
088-668-1088

この周辺施設をマップでみる