[熊野古道なかへち美術館]
土屋仁応 森の神話

動物や幻獣をモチーフに神秘的な彫刻を制作する、土屋仁応と特集

イベント概要

熊野古道なかへち美術館では、熊野を象徴するものの一つである「森」をテーマにした展覧会や講座を継続して開催してきています。今年度は、「森」がはらむイマジネーションの可能性を探る展覧会として、『土屋仁応 森の神話』を開催します。
土屋仁応(つちや・よしまさ/1977~ )は、古典的な仏像彫刻の技法を応用して、木で鹿や羊などの動物、あるいは麒麟やユニコーンといった幻獣をモチーフにした、聖性をおびた彫刻を制作し続けています。
人が意識している理性の世界に対する、無意識の世界が現れ出る場として「森」を捉えているという土屋の作品は、熊野古道なかへち美術館の展示室を、異界の生き物たちが棲む神秘的な空間へと変貌させます。そこに生まれる新たな「森」のイメージを、体感していただきたく思います。

開催期間

2021年11月13日(土)2021年11月28日(日)

開始日は10月2日

開催時間

10:0017:00

会場
熊野古道なかへち美術館
料金
一般 400円
団体 320円
・団体料金は20名様以上。
・学生及び18歳未満は無料
・65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方は半額。
・第一種身体障害者、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の介護者1名は無料。
※証明できるものをご提示下さい。
問合先
熊野古道なかへち美術館 0739-65-0390
カテゴリー: ジャンル
  • 美術
休館日

アクセス
「JR紀伊田辺駅」から龍神バスで「本宮大社前」行きに乗車、「なかへち美術館」下車。
明光バス「快速熊野古道号」に乗車、「南紀白浜空港」・「JR紀伊田辺駅」・「JR新宮駅」から「なかへち美術館」下車。
主催/共催
主催 田辺市立美術館
協力 メグミオギタギャラリー

施設情報

施設名
熊野古道なかへち美術館
開館時間/閉館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地
〒646-0015
和歌山県田辺市中辺路町近露891
電話番号
0739-65-0390

この周辺施設をマップでみる