[エリア: 滋賀県]

長等創作展示館(三橋節子美術館)

長等の自然と豊かな歴史につつまれて いま、アートな風に染まる

施設外観 施設外観

大津市の西側、四季折々に美しい風情を醸し出す長等地域は、古来から景勝地として名高く、多くの文人墨客も訪れ文芸の華を咲かせたところです。長等山の山腹には、明治35年(1902)、市内初の都市公園となった長等公園が完成し、特に桜の名所として市民に親しまれてきました。その敷地内に、市民を中心とした美術・工芸の創作活動を行う場として平成7年(1995)5月に開館し、長等の地とゆかりの深い日本画家・三橋節子の作品を収蔵・展示する三橋節子美術館を併設しています。三橋節子美術館は、遺族をはじめ多くの所蔵者から作品の寄贈を受けて開設されました。梅原猛の著書「湖の伝説」(新潮社刊)などで全国的に知名度が高く、県外から足を運ぶ人も多い。日本画家・三橋節子は昭和43年、結婚を機に長等山の麓に居をかまえ、地域の自然や歴史を題材として、「千団子さん」「鬼子母神」などの作品を発表しました。昭和48年、右肩鎖骨腫瘍によって利き腕を切断、以後左手で「花折峠」「三井の晩鐘」など多くの代表作を生み、2年後の昭和50年、「余呉の天女」を描き上げ35歳の若さでこの世を去りました。

住所
520-0035滋賀県大津市小関町1番1号(長等公園内)
TEL
077-523-5101
FAX
077-523-5101
最寄り駅

JR琵琶湖線「大津」駅より徒歩 約20分

E-MAIL
otsu1126@city.otsu.lg.jp
開館時間

09:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 有料

特別展示料: 無料

休館日
  • 月曜日

・月曜日(祝日の場合は開館)
・祝日の翌日(日曜日は開館)
・12月27日から1月5日

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者対応トイレ
  • 車いす貸出
  • 筆談対応
車いす使用者のための
アクセス経路

長等公園から正面玄関 

施設からのバリアフリー
についてのコメント

正面入り口はスロープがあり、ロビー・展示室・お手洗いは同じフロアーにあり車椅子でご利用いただけます。

この周辺施設をマップでみる