[エリア: 兵庫県]

姫路文学館

姫路城と新旧の調和を目指した安藤忠雄氏の設計による建築

姫路城との新旧の調和を目指した建築、姫路文学館 姫路城との新旧の調和を目指した建築、姫路文学館

姫路文学館は、播磨ゆかりの作家や学者たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的に、平成3年4月、市制百周年記念事業の一環として開館しました。世界文化遺産国宝姫路城の北西に位置し、建築家安藤忠雄氏の設計によるユニークなデザインが古い町並みに新しい風景を添えています。展示施設としては、姫路城の立つ姫山の歴史と、そこで生まれたものがたりを紹介する<姫路城歴史ものがたり回廊>、ことばを入口に作家たちの人となりと作品の魅力を知っていただく<ことばの森展示室>が北館に、南館には<司馬遼太郎記念室>があります。いずれも資料の陳列にとどまらない斬新な手法でアプローチを試みています。

住所
670-0021兵庫県姫路市山野井町84番地
TEL
079-293-8228
FAX
079-298-2533
最寄り駅

JR「姫路」駅より神姫バスで市之橋 文学館前下車 徒歩約4分

E-MAIL
kyo-bungaku@city.himeji.lg.jp
開館時間

10:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 有料

特別展示料: 有料

休館日
  • 月曜日

祝日の翌日(土・日・休日を除く)、年末年始

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者等用駐車場
  • 車いす使用者対応トイレ
  • オストメイト対応トイレ
  • 視覚障害者誘導用ブロック
  • スロープ
  • エレベーター
  • 車いす使用者対応エレベーター
  • 車いす貸出
  • ベビーカー貸出
  • ベビーシート
  • ベビーキープ
  • 授乳室
  • 筆談対応
  • 外国語による案内表示: 英語
  • 外国語による案内表示: 中国語(簡体字)
  • 外国語による案内表示: 中国語(繁体字)
  • 外国語による案内表示: 韓国語

この周辺施設をマップでみる