[エリア: 京都市]

ハリス理化学館同志社ギャラリー

関西文化の日 参加施設

創立者 新島襄の志と同志社の歴史

ハリス理化学館同志社ギャラリー外観 ハリス理化学館同志社ギャラリー外観

 同志社は、1875(明治8)年、新島襄が開校した同志社英学校を前身とします。襄は、10年間の海外での学びを終え、キリスト教主義に基づく人物の育成を期しました。そして妻である新島八重の兄、山本覚馬やアメリカン・ボードをはじめ多くの人々の協力と援助によって同志社の基礎を築きます。また襄の志を受け継ぎ、多くの先人たちが同志社の発展に尽力してきました。
 当館は、その創立者新島襄の志と同志社の歴史を、資料で紹介する展示施設です。ハリス理化学館はJ.N.ハリスの寄附をもとに1890(明治23)年に竣工し、ながらく同志社における理化学教育の拠点となった建物です。現在、国の重要文化財に指定されています。

住所
602-8580京都府京都市上京区今出川通烏丸東入同志社大学 今出川キャンパス
TEL
075-251-2716
FAX
075-251-2736
TEL/FAX 備考
日曜・月曜・祝日は閉室しております。
最寄り駅

地下鉄烏丸線「「今出川」駅から徒歩1分」駅より徒歩すぐ

E-MAIL
ji-harjm@mail.doshisha.ac.jp
開館時間

10:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日
  • 月曜日
  • 日曜日

祝日は休館しております。
企画展開催中は日曜も開館いたします。

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者対応トイレ
  • スロープ
  • エレベーター
  • 車いす使用者対応エレベーター
  • 外国語による案内表示: 英語

この周辺施設をマップでみる