[エリア: 京都市]

ニッシャ印刷歴史館

関西文化の日 参加施設

印刷の起源から近代までの歴史回廊

ニッシャ印刷歴史館内部 ニッシャ印刷歴史館内部

ニッシャ印刷歴史館は、4000年前の楔形文字粘土板や百万塔無垢浄光陀羅尼経、解体新書初版本、ゼネフェルダー石版印刷機、ハイデル活版印刷機などの実物や、グーテンベルク印刷機(復刻)、42行聖書(ファクシミリ版)など、印刷の起源から近代に至るまでの大変貴重な資料を展示している。他にも明治の建物遺構を展示する部屋や、古い欧文タイプライターや鉛筆削り、「国宝」「原色日本の美術」「ルーブル全集」などの豪華本を自由に手に取って見られる部屋もある。
同館が開設されているNISSHA本館は、遠く1200年以上前の平安時代、宇多天皇や村上天皇など歴代の天皇譲位後の住いであった朱雀院跡に建っている。この地で事業を営んでいた紡績会社(京都メンネル)の本社事務所として1906(明治39)年に建てられた明治を代表する貴重なレンガ造りの建物で、2011(平成23)年には国の登録有形文化財に登録されている。

住所
604-8873京都府京都市中京区壬生花井町3番地
TEL
075-823-5318
FAX
075-823-5317
最寄り駅

市バスバスで四条中新道下車すぐ

開館時間

10:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日

土曜日・日曜日・祭日

ユニバーサル設備
  • 外国語による案内表示: 英語

この周辺施設をマップでみる