[エリア: 京都府]

日本の鬼の交流博物館

関西文化の日 参加施設

日本の鬼・世界の鬼について学べる博物館

日本の鬼の交流博物館 外観 日本の鬼の交流博物館 外観

 博物館の位置する大江山には3つの鬼の伝説が伝わっています。その中で最も有名なものが「源頼光の酒呑童子退治伝説」です。酒吞童子は日本三大妖怪のひとつとも称され、最強の妖怪として語られることも多い存在です。大江山を拠点にしていた酒吞童子を、武将源頼光がだまし討ちのような形で退治したという話で、短編童話集『御伽草子』に描かれ、能『大江山』などで全国へ広まっていきました。この地にはこのような伝説が伝わっています。
 日本の鬼の交流博物館は、1991年4月、鬼をテーマにした博物館としてオープンしました。ここは「鬼とは何者か。」について迫る博物館です。国内のみならず世界の鬼文化、芸能を展示・紹介しています。もちろん大江山に伝わる鬼退治伝説に関する資料も数多く収蔵し、地域の鬼文化研究の拠点となっています。建物は鬼をイメージしたデザインになっており、そばに立つ巨大な鬼瓦「平成の大鬼」は、全国の鬼瓦職人(鬼師)が協力して製作したもので、高さ5m、重さ10tの世界最大の鬼瓦。迫力満点です。

住所
620-0321京都府福知山市大江町仏生寺909
TEL
0773-56-1996
FAX
0773-56-1996
最寄り駅

京都丹後鉄道「大江」駅より福知山市バスで大江山の家下車 徒歩約1分

E-MAIL
onihaku@city.fukuchiyama.lg.jp
開館時間

09:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 有料

特別展示料: 無料

常設入館料
大人320円 高校生210円 小・中学生160円
団体料金(15人以上 1人あたり)
一般250円 高校生170円 小・中学生120円

休館日
  • 月曜日

月曜日が祝日の場合はその翌日。
祝日の翌日。
年末年始(12/28~1/4)。

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者等用駐車場
  • 車いす使用者対応トイレ
  • オストメイト対応トイレ
  • 車いす貸出
  • ベビーシート
  • 筆談対応

この周辺施設をマップでみる

近くにある同じジャンルの施設

・・・関西文化の日 今年の参加施設