[エリア: 徳島県]

旧永井家庄屋屋敷

関西文化の日 参加施設

二層うだつの町並み近くの住宅地にある茅葺き屋根の旧庄屋屋敷。

母屋の棟札から推して寛政3年(1791)の建立で、間取りや骨格は明治初期に整ったとの考察もある。 母屋の棟札から推して寛政3年(1791)の建立で、間取りや骨格は明治初期に整ったとの考察もある。

美馬郡つるぎ町にあります。二層うだつの町並み近くの住宅地にある寛政3(1791)年建築の茅葺き屋根の旧庄屋屋敷です。築地塀に囲まれた約550坪の敷地内に母屋、蔵、ネドコ棟の建物群、井戸や鶴亀蓬莱庭園(座視観賞式)などがあり、当時のたたずまいを色濃く残しています。樹齢約400年といわれる御所柿も一見の価値があります。町の指定文化財。JR徳島線「貞光駅」より徒歩約10分とアクセスが良く、無料で見学できるところも魅力です。

住所
779-4101徳島県美馬郡つるぎ町貞光字西浦37番地
TEL
0883-62-2018
FAX
0883-62-2018
最寄り駅

JR「貞光」駅より徒歩 約10分

開館時間

09:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日

毎月第3水曜日・年末年始

この周辺施設をマップでみる