[エリア: 兵庫県]

ユニチカ記念館

日本近代化の歩み、繊維産業の歴史をいまに伝える。

         

 ユニチカ記念館は、ユニチカの前身である尼崎紡績株式会社が、1900年(明治33年)にユニチカ本社事務所として竣工した建物を修復し、記念館としたものです。竣工当時の本社事務所は、隣接するレンガ造り2階建ての工場と並んで偉観を呈したといわれています。館内には明治時代の産業の黎明期に紡績業のパイオニア的役割を果たし、日本産業の発展に貢献した尼崎紡績会社の貴重な記録文書等が展示されています。これらはユニチカの歴史にとどまらず、日本の近代化の変遷を知る上でも価値ある資料といえます。尚、今後のユニチカは成長事業である高分子事業(フィルム、樹脂、不織布)に重点投下します。

住所
660-0824兵庫県尼崎市東本町1-50
TEL
06-6481-0525
最寄り駅

阪神電鉄「大物」駅より徒歩 約7分

開館時間

10:0015:00 (最終入館時間 14:00)

15:00には完全に閉館しますので、14:00頃までにご入館された方が、じっくりと見学できると思います。

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日
  • 月曜日
  • 火曜日
  • 木曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
  • 日曜日

開館:水曜日

この周辺施設をマップでみる