[エリア: 兵庫県]

尼信会館

関西文化の日 参加施設

地域の文化を創造する尼信会館

尼信会館 建物外観 尼信会館 建物外観

尼信会館は運営母体である尼信信用金庫が地域金融機関として創業80年目を迎えた平成13年6月、芸術や文化を通して、地域の発展と文化の向上のお役に立ちたいと願って設立しました。建物外観は尼崎城をイメージした白壁で近隣の寺町など歴史的景観保存地域とも調和しています。展示フロアーは1階、2階、3階です。2階には「城下町尼崎展」と「コイン・ミュージアム」を常設展示しています。「城下町尼崎展」では江戸時代に建てられた尼崎城の復元模型や尼崎藩主・櫻井松平家ゆかりの「太刀 銘 守家」(国の重要文化財)はじめ、甲胃、火縄銃、参勤交代時の槍などの武具、城絵図、朝鮮通信使送迎の絵巻物のほか貴重な資料を展示しています。また、江戸時代の藩札から明治・大正・昭和・平成までの紙幣の展示もしています。「コイン・ミュージアム」では尼崎信用金庫が保有する5600個余の貨幣の中から、日本の大判・小判をはじめ世界170ヵ国の金貨・銀貨など約2500個を展示しています。コインの材質、大きさや形、特に表裏の図柄は国ごとに特徴があります。国王や大統領、音楽家や科学者などの著名人、動植物、建造物等さまざまで、国の歴史や風土が表れています。話題のコーナーには、地方自治法施行60周年記念カラー銀貨、オリンピック・FIFAワールドカップの歴代コインをセレクトしています。特に貴重で話題性のあるコインはキーボード操作で表裏の図柄や解説が表示されるディスプレイを設置しています。1・3階展示室は地域の文化、芸術の発信基地を目指し、尼崎市教育委員会主催の歴史資料展、尼崎美術館の定期作品展を毎年開催しています。さらに、地域の芸術家の作品発表の場として広く開放しており絵画展・書・陶芸・彫刻・工芸品など多彩な特別展を開催しています。作品の素晴らしさはもちろん、作品を親しんで頂けるよう解説や写真パネル等を使った分かりやすい展示を心がけています。

住所
660-0684兵庫県尼崎市東桜木町3番地
TEL
06-6413-1121
FAX
06-6413-1221
最寄り駅

阪神電鉄「尼崎」駅より徒歩 約5分

開館時間

10:0016:00 (最終入館時間 15:45)

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日
  • 月曜日

月曜日~金曜日の祝休日

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者対応トイレ
  • 視覚障害者誘導用ブロック
  • スロープ
  • エレベーター
  • 車いす使用者対応エレベーター
  • 筆談対応
  • 外国語による案内表示: その他

外国語による案内表示 その他: 英語版リーフレット

車いす使用者のための
アクセス経路

阪神電車「尼崎駅」西口より五合橋通を南進、「開明町2」の交叉点を西へ。お車の方は尼信会館 南約50mの無料駐車場をご利用下さい。

施設からのバリアフリー
についてのコメント

隣接道路から入口まではスロープ、誘導用ブロックが敷設してあります。館内展示会場共に通路が広く、障害なく移動していただけます。

この周辺施設をマップでみる