[エリア: 三重県]

松阪市指定史跡 松浦武四郎誕生地

松浦武四郎の旅はここからはじまった

松浦武四郎誕生地 松浦武四郎誕生地

 幕末から明治維新を生き、「北海道の名付け親」になった松浦武四郎の実家にあたる場所です。
 武四郎にとって、生まれ故郷の我が家であり、今も武四郎の旅を語るうえで重要な場所であるとともに、伊勢街道の宿場町として賑わっていたころの建物の様子を知る上でも貴重なことから、昭和37年(1962年)に三雲村が史跡に指定しました。
 現代にいたる生活の中で増改築が重ねられてきましたが、松阪市では武四郎が生誕200年を迎える平成30年(2018年)2月にあわせて史跡整備を進め、明治維新直前に作られた家相図に基に「主屋」、「離れ」の保存修理と土蔵2棟、納屋の補強工事を行いました。

住所
515-2109三重県松阪市321番地
TEL
0598-56-6847
FAX
0598-56-7328
TEL/FAX 備考
※松浦武四郎誕生地のお問い合わせは、松浦武四郎記念館で承っております。
最寄り駅

近畿鉄道「伊勢中川駅」駅よりタクシーで約7分

開館時間

09:3016:30 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 有料

特別展示料: 無料

※松浦武四郎記念館との共通入場券は350円

休館日
  • 月曜日

※月曜日が祝日にあたる場合はその翌日を休館します
※祝日の翌日(土日にあたる場合は開館します)
※年末年始(12月29日~1月3日)
※このほかに臨時に休館する場合があります

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者等用駐車場
  • 車いす使用者対応トイレ
  • オストメイト対応トイレ

この周辺施設をマップでみる

近くにある同じジャンルの施設

・・・関西文化の日 今年の参加施設