[エリア: 兵庫県]

五斗長垣内遺跡公園

弥生時代の鉄器づくりのムラ

遺跡内(復元した竪穴建物) 遺跡内(復元した竪穴建物)

五斗長垣内遺跡は、今からおよそ1,800~1,900年前の弥生時代後期に鉄器づくりを行っていたムラの跡です。発掘調査では23棟の竪穴建物跡が見つかり、その内の12棟で鉄器づくりを行っていたことがわかりました。100点を超える鉄製品をはじめ、多数の石製鍛冶工具類なども発見されており、当時の鉄器づくりの様子を詳しく知ることができる遺跡として、その重要性が高く評価され、平成24年9月19日に国史跡に指定されました。
展示室では、出土品のレプリカを展示しています。

住所
656-1601兵庫県淡路市黒谷1395-3
TEL
0799-70-4217
FAX
0799-70-4217
最寄り駅

北淡(IC)より車で約5分

山側へ5分

E-MAIL
gossa-iseki@ares.eonet.ne.jp
開館時間

09:0017:00 (最終入館時間 17:00)

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

休館日
  • 月曜日

月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月28日~1月3日)

施設からのバリアフリー
についてのコメント

隣接の活用拠点施設内はバリアフリーとなっております。(車いす使用者対応トイレ、視覚障害者誘導用ブロック、ベビーシート、ベビーキープ、筆談対応)
遺跡内は車いすの場合、介助が必要です。

この周辺施設をマップでみる