[エリア: 兵庫県]

申義堂

関西文化の日 参加施設

まちのこどもらのための学問所 申義堂

申義堂 左側正面から 申義堂 左側正面から

申義堂は、今から約200年前の江戸時代、高砂北本町に、庶民の教育の場として創設された学問所です。
現在は、高砂町横町に江戸時代の姿で復元された状態で建っています。

申義堂の建築
 構造は、木造平屋建、3間×3.5間、寄棟造、本瓦葺きです。間取りは、20畳の座敷1室、奥の間3間、正面縁側の、簡素な構成です。正面玄関屋根には、飾瓦露盤が葺かれています。

 平成23年12月に高砂市指定文化財に指定されました。

申義堂の教育
 申義堂では、こどもたちが、中国の古典などを教材に、まちの大人たちに教わっていました。
 毎日、早朝から正午まで、元旦五節句と毎月5・15・25日の休み以外は、授業が行われていました。

申義堂のゆかりの人物たち
 申義堂教授として、高砂出身の菅野松塢、三浦松石、美濃部秀芳らが、こどもたちに教えていました。

 美濃部秀芳は町医者で、憲法学者の美濃部達吉の実父です。

住所
676-0051兵庫県高砂市高砂町横町1074-5
TEL
079-443-2388
最寄り駅

山陽電車「高砂」駅より徒歩 約15分

開館時間

10:0016:00 (最終入館時間 15:30)

土曜日・日曜日・祝日

※ただし、12月29日~1月3日は除く

午前10時から午後4時まで

※夜間開館は、万灯祭のときだけです。

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 無料

土日祝日の公開です。
平日の公開は、予約をお願いいたします。

休館日
  • 月曜日
  • 火曜日
  • 水曜日
  • 木曜日
  • 金曜日

祝日は開館しています。

この周辺施設をマップでみる