[エリア: 京都府]

浦嶋神社宝物資料室

関西文化の日 参加施設

浦島太郎の伝説が残る神社

浦嶋神社宝物資料室 浦嶋神社宝物資料室

淳和天皇の825(天長2)年創建で、宇良神社ともいわれる。
浦嶋子を筒川大明神として祀る。茅葺神明造の本殿、権現造の拝殿などがあり、国の登録有形文化財となっている。
本殿は北極星を向いている。境内右手に砂の「蓬山(とこよ)の庭」がある。

宝物資料室には浦嶋明神縁起絵巻や室町時代作の亀甲紋櫛筍(玉手箱)、足利尊氏寄贈の酒壺などを展示。
宮嶋宮司が浦嶋物語の歴史説明や絵巻の絵解きを3、40分解説。2025年に創祀1200年を迎える。

住所
626-0403京都府与謝郡伊根町字本庄浜141
TEL
0772-33-0721
FAX
0772-33-0103
最寄り駅

丹後海陸交通バスで浦嶋神社前下車 徒歩約5分

開館時間

09:0017:00 (最終入館時間 16:30)

夜間開館
入場料

通常時: 有料

特別展示料: 無料

700円(要予約)

休館日

不定休

ユニバーサル設備
  • 筆談対応

この周辺施設をマップでみる