[エリア: 神戸市]

神戸市立博物館

関西文化の日 参加施設

「国際文化交流、東西文化の接触と変容」

神戸市の中心三宮の西側。京町筋南側、情緒あふれる建物 神戸市の中心三宮の西側。京町筋南側、情緒あふれる建物

 昭和57年11月3日開館。中央区熊内町の市立南蛮美術館(現・神戸市文書館)と須磨離宮公園内にあった市立考古館(国宝桜ケ丘銅鐸・銅矛を保管)を統合し、当時東京銀行神戸支店の建物(昭和10年築・旧横浜正金銀行神戸支店)を市が取得して開館。
 所蔵品約7万点。国宝:桜ケ丘銅鐸・銅矛、重文7件を所蔵。建物も登録有形文化財になっている。
 平成30年2月よりリニューアル工事を行い、令和元年11月よりリニューアルオープン。リニューアルにより、1・2階のレイアウトを変更。入館料が必要だった神戸の歴史展示室、情報コーナー、カフェ・ショップを1階に集約し無料化。2階にコレクション展示室を新設し、年8回程度の展示替えなど行い、国宝も展示している。
 工事に伴い、衛生面などもリニューアルし、入館者にやさしい博物館としている。

住所
650-0034兵庫県神戸市中央区京町24番地
TEL
078-391-0035
FAX
078-392-7054
最寄り駅

JR神戸線、阪神阪急、市営地下鉄「三ノ宮」駅より徒歩 約10分

E-MAIL
museum@office.city.kobe.lg.jp
開館時間

10:0018:00 (最終入館時間 17:30)

毎週金曜日は20:00まで。土曜日は21:00まで開館。

夜間開館
入場料

通常時: 無料

特別展示料: 有料

1階神戸の歴史展示室などは、入館無料。
2階コレクション展示室は、有料ゾーンとなります。

休館日
  • 月曜日

月曜日が祝・祭日の場合は翌日が休館。年末年始及び年間数日の休館日があります。詳しくは、ホームページをご確認ください。

ユニバーサル設備
  • 車いす使用者等用駐車場
  • 車いす使用者対応トイレ
  • スロープ
  • エレベーター
  • 車いす貸出
  • ベビーカー貸出
  • 申し出による授乳室
  • 筆談対応
  • 外国語による案内表示: 英語

この周辺施設をマップでみる